MENU CLOSE
  1. HOME
  2. 御茶の水美術学院について
  3. 合格者インタビュー
  4. 2016 筑波大学 構成専攻 合格者インタビュー

2016 筑波大学 構成専攻 合格者インタビュー

  • #2016
  • #構成専攻
  • #現役合格
  • #筑波大学

戸田春香さん

造形基礎(デッサン)_入試再現

平面構成_入試再現

土日美術系受験科(略して美受) 主任の清水です。
毎年夏期講習には東京以外の遠方からの学生も多く参加してくれています。昨年は、青森、香川、鳥取、福岡など日本全国から来てくれていました。
その中から今回は、筑波大学 構成専攻を現役合格した、戸田春香さん(岩手県立盛岡第一高等学校)の合格者インタビューを掲載します。

インタビュアー
OCHABIにした理由はなんですか?
戸田さん
明確に筑波大学対策をしていると分かる数少ない予備校だったからなのと、大手であるため確実な指導を受けられると思ったからです。
インタビュアー
講習はどのように取っていましたか?
戸田さん
3年の春休みに2週間、夏休みに1週間、センター試験後の2月から入試直前に3週間受けていました。
インタビュアー
講習の思い出、通ってみた感想は?
戸田さん
本格的な指導が受けられて力がついた!志望校が同じ人たちと一緒に練習できて自分のレベルを知ることができ、その人たちの作品から良い点、悪い点を学ぶことができました。
インタビュアー
筑波を目指す後輩へのアドバイスを。
戸田さん
センター試験も2次試験も大事だからどちらも気を抜かないように。試験といえども自分の納得のいく作品を常に心がけるとよいと思います。筑波大の芸専は本当に色々なことが学べて楽しいからぜひ目指してほしい。

戸田さんは普段地元の予備校や高校で実技をやっており、同じ課題をやる人がいなかったようです。
OCHABIにきて一緒に課題をやる人ができ、いろいろな作品を見られたのが合格のポイントだったのではないでしょうか。
掲載した作品は戸田さんの合格再現作品です。
平面構成は、青い画面の中にちりばめられている黄色がリズミカルで美しい画面になっています。
芸手のデッサンは、金属パイプと手の質の違いがうまく出せています。

筑波大学 構成専攻 合格者インタビュー

筑波大学 デザイン専攻 合格者インタビュー

DATA

2016年度 土日美術系受験科 筑波大クラス 合格実績

筑波大学芸術専門学群 15名合格