MENU CLOSE
  1. HOME
  2. コースを探す
  3. デザイン科[私大デザイン推薦入試]

デザイン科[私大デザイン推薦入試]

武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。受験において合格に必要なスキルを昼間コース、夜間コースで学ぶことができます。
様々なトレーニングを通して、多くの個性を発見し延ばす教育方針と環境によって高い合格実績を上げています。

昼間 [高卒生]

授業時間
月曜日~金曜日
10:00~17:00
土曜日※
14:00~20:30
日曜日※
10:00~17:00

武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。
推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。 推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。
また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※

※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。

<平面系クラス>
武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)
多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)
を主な対象としたクラスです。

<立体系クラス>
武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)
多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)
を主な対象としたクラスです。

※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。

【対応する大学】※
武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など

※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。

私大デザイン推薦入試コースで学ぶこと

デッサン

1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。

色彩構成

私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。

ポートフォリオ

ポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。

面接/プレゼンテーション

面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。

週間スケジュール

拡大して見る

作品例

年間スケジュール

夜間 [高校3年生・高卒生]

授業時間
月曜日~金曜日
17:30~20:30
土曜日※
14:00~20:30
日曜日※
10:00~17:00

武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。
推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。 推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。
また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※

※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。

<平面系クラス>
武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)
多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)
を主な対象としたクラスです。

<立体系クラス>
武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)
多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)
を主な対象としたクラスです。

※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。

【対応する大学】※
武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など

※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。

私大デザイン推薦入試コースで学ぶこと

デッサン

1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。

色彩構成

私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。

ポートフォリオ

ポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。

面接/プレゼンテーション

面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。

週間スケジュール

拡大して見る

作品例

年間スケジュール