MENU CLOSE
  1. HOME
  2. NEWS
  3. これだけは外せない! スタディサプリの使い方

これだけは外せない! スタディサプリの使い方

2019.12.26

"/assets/uploads/_img/news/new_det_img_562.jpg" , "" "/assets/uploads/_img/session/ses_vis_img_126.jpg" , "" "/assets/uploads/_img/session/ses_vis_img_127.jpg" , "" "/assets/uploads/_img/session/ses_vis_img_128.jpg" , ""

これだけは外せない! スタディサプリの使い方

学科の星屋です。

スタディサプリのアカウントをお持ちのみなさまへ。
もうすぐセンター試験というこの時期に美術予備校の学科講師の私が考える「これだけは外せないスタディサプリの使い方」を書きます。

①まずスタディサプリにログインし、「センター試験対策講座」を選ぶ。
ここに授業が19講座あります。
それぞれの参考書を開くよりも、一覧として自分が必要なセンター試験の課題を意識できる点で、開くことでも試験に対する集中力をあげられると思います。

②続いて、英語は「新傾向対策編」の講座を見る。
厳しい時間設定のセンター英語で、新傾向対策を十分におこなうことはものすごく大切です。
特に第3問Aの「第2講不要文指摘問題対策」の動画から見るのがおすすめ。
出題の語彙や文法が受験の要となる内容をもつ大問です。

③国語は、現代文の一番難しい問題を学ぶ。
センター現代文対策講座の「第8講《論説5》工芸論・芸術論」がおすすめ。
評論文のイメージがちがったために総崩れしやすいセンター国語を「一番きついイメージの問題の対策を知っておく」ことで対策を立てましょう。

④最後に、3教科目の対策は「苦手なところ」からみる。
英語と国語以外のセンターの教科は「苦手意識のあるところ」の項目を探してください。
たとえばセンター倫理の場合で、「古代日本人の思想と風土」の問題が難しいと感じる場合、「第3講日本思想(1)」がおすすめです。

以上のことは、スタディサプリのアカウントをお持ちの場合はスマホやタブレットを片手にすぐできることですが、自分の参考書を使って同じ対策をすることも大切な受験対策となります。
ぜひ2019年末~2020年頭の自習の参考にしてください<(_ _)>