MENU CLOSE
  1. HOME
  2. NEWS
  3. 筑波大学 芸術専門学群 合格者 デッサン

筑波大学 芸術専門学群 合格者 デッサン

2017.04.10

/assets/uploads/_img/news/0405美受.jpg" "/assets/uploads/_img/news/01 10分.jpg","10分経過" "/assets/uploads/_img/news/02 30分.jpg","30分経過" "/assets/uploads/_img/news/03 1時間.jpg","1時間経過" "/assets/uploads/_img/news/04 2時間.jpg","2時間経過" "/assets/uploads/_img/news/05 4時間.jpg","4時間経過" "/assets/uploads/_img/news/06 6時間.jpg","6時間 完成"

筑波大学 芸術専門学群 合格者 デッサン

美術系受験科(略して 美受) 主任の清水です。

桜がきれいに咲いていますね。4月7日は筑波大学の入学式です。いよいよ新年度が始まります。

今回は筑波大学 洋画専攻の現役合格者の作品。
受験が終わってすぐに合格再現をしてもらいました。6時間 木炭デッサンです。
モチーフは石膏像(アマゾン) 体にロープが巻かれているセッティングでした。
途中経過の作品はこちら↓です。

①10分経過。 像を大きく光と陰で捉えています。木炭の乗せ方もゆったりとしていていいです。




②30分経過。 少しずつ具体的になってきました。しかし、無理に輪郭を引いていません。
あくまでも光と陰で捉え、立体感・空間感を意識しています。少しガーゼなどを使い鈍い色を作りだしています。




③1時間経過。 頭部と体で大きく色の差をつけています。
この時点ではまだ形を直しつつ進めています。無理に急いで描いてはいません。




④2時間経過。 全体の特に頭部と体の明るさの違いを意識しながら少しずつ描き進めています。




⑤4時間経過。 細部の描き込みが進みました。
細部の見え方のバランスを気にして描き進められています。とても冷静に描いています。



⑥6時間経過。 完成です。
木炭の浮いた調子を抑え、髪の毛や顔の表情。そして体に巻いているロープの固さまで描いています。
常に全体の明暗や細部の見え方のバランスに気を付けながらかけていました。
とても完成度の高いデッサンになりました。お見事です。





力まずとても素直にモチーフを観察して描いていました。入試直前は毎回自分なりに木炭の使い方に工夫をしていました。
とても努力家です。大学に行ってもその気持ちを忘れずに続ければ、きっといい作品が描けると思います。今後がとても楽しみです。



土日美術系受験科について

コース別無料体験 土日美術系受験科 について


〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-3

Tel:03-3293-8736(代)

COPYRIGHT(C) 2017 OCHABI INSTITUTE
ALL RIGHTS RESERVED.