MENU CLOSE
  1. HOME
  2. カテゴリー: コースを探す

カテゴリー: コースを探す

デザイン科[私大デザイン推薦入試]

昼間 [高卒生]授業時間月曜日~金曜日10:00~17:00土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費夜間 [高校3年生・高卒生]授業時間月曜日~金曜日17:30~20:30土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

ジュニア科[午前コース/午後コース]

授業風景午前コース授業時間――日曜日10:00~13:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。10時から13時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩の制作を通して美術の楽しさを体感できるカリキュラムです。「絵を描くのが好き」「自由な発想を伸ばしたい」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。午後コース授業時間――日曜日14:00~17:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。14時から17時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩の制作を通して美術の楽しさを体感できるカリキュラムです。「絵を描くのが好き」「自由な発想を伸ばしたい」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。ジュニア科 午前コース/午後コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る【OCHABI artgym】キッズクラスがオープンしました。artgymキッズクラス(小学校1年生〜6年生)が開講中です。※OCHABIのartgymキッズクラスは、ただ「描く」だけではありません。「きづく」「えがく」「つたえあう」の3軸から構成されたArtプログラムにより、アートに触れながら「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばすことを目的としています。※artgymとは、OCHABIが運営する一般向けのアートスクールです。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。「OCHABI artgym」TEL : 03-3293-8800受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[基礎 午前コース/基礎 午後コース]

基礎 午前コース授業時間――日曜日10:00~13:00授業時間は集中しやすい 3 時間。10時から13時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力を身につけるカリキュラムです。「学習塾や部活などの両立をしている」「教育学部系の大学受験を検討している」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。基礎 午後コース授業時間――日曜日14:00~17:00授業時間は集中しやすい 3 時間。14時から17時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力を身につけるカリキュラムです。「学習塾や部活などの両立をしている」「教育学部系の大学受験を検討している」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。基礎 午前コース/基礎 午後コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[強化コース]

強化コース授業時間――日曜日10:00~17:00強化コースの授業時間は6時間。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力と応用力を身につけるカリキュラムです。「中学1・2年生で都立総合芸術高校をはじめとする美術系高校受験を控えている」「高校受験はせずに大学受験を考えている」など、将来に向けて実技試験の準備をしていきます。基礎コースからのステップアップも可能です。強化コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[受験対策コース]

受験対策コース授業時間――日曜日10:00~17:00受験対策コースは、都立総合芸術高校などの美術系高校を受験する方に最適のコースです。楽しみながらしっかり学べ、実際の実技試験時間を考慮し、講評と合わせた 6 時間という設定です。1学期は構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力と応用力を身につけるカリキュラム、2学期以降は志望校の入試実技課題を想定したカリキュラムです。また、一般入試はもちろん、推薦入試にも対応します。ご自身の志望校に合わせた課題を選択できますので密度の濃い準備ができます。基礎コース、強化コースからのステップアップも可能です。受験対策コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週1 日曜コース]

週1 日曜コース授業時間――日曜日10:00~17:00日曜日6時間のコースです。試しに始めてみたい方、高校との両立で予備校に通う時間に限りがある方、部活動で忙しい方、美術系大学の進学が明確でないが絵を描いてみたい方など、週1回土曜または日曜のコースは、それぞれの目的に合わせて負担なく受講できるコースです。遠方で普段通えない方にもお勧めします。状況に応じて、週2コース(土日)や週3コース(水木金)、週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週1 日曜コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週1 土曜コース]

週1 土曜コース授業時間土曜日14:00~20:30――土曜日6時間のコースです。試しに始めてみたい方、高校との両立で予備校に通う時間に限りがある方、部活動で忙しい方、美術系大学の進学が明確でないが絵を描いてみたい方など、週1回土曜または日曜のコースは、それぞれの目的に合わせて負担なく受講できるコースです。遠方で普段通えない方にもお勧めします。状況に応じて、週2コース(土日)や週3コース(水木金)、週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週1 土曜コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週2コース -土日-]

週2コース -土日-授業時間土曜日14:00~20:30日曜日10:00~17:00土・日の2日間を連続で受講するコースです。合計12時間の授業時間が確保されているので、しっかり取り組む2日間の課題や、1日課題を連続で行う課題、希望者を対象とした受験部の選択授業に参加する課題など、多彩なカリキュラムが特徴です。平日は通えない、忙しいがしっかり学びたい方にお勧めしています。ウィークデイに通えそうな方は週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週2コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

美術系大学受験のための学科授業[英語/国語/小論文/センター倫理]

美術系大学受験のための学科授業授業時間月曜日・火曜日・水曜日・木曜日17:30~18:50土曜日10:00~13:00※1日曜日17:30~18:50忙しい実技の合間に学科を学習するのは芸大・美大受験生の共通の悩みです。逆に、だからこそ学科は取り組めば他より優位だと言えます。みなさんに必要なのは、少ない時間で確実な成果を上げるための作戦です。そのためには、試験や授業を受けて、 自分の課題を確認しながら自習を行うことがベストです。※1 土曜日1限 10:00 ~ 11:202限 11:40 ~ 13:00【選択授業学科 授業一覧】→2019選択授業_リーフレット【PDF】〔2.16MB〕学科授業で学ぶこと英語単語が覚えられない。文法が分からない。それは他のたくさんの知識の中にまぎれてぼやけてしまうからです。英語を覚えるためには一つ一つの知識がどのように使われ、何のために必要なのかをイメージすることが大切です。そして、繰り返すこと。OCHABI学科では正しい理解を繰り返し学ぶことに力を注ぎます。国語現代文とセンター試験のための古典に共通する攻略は、本文の要点を読むことです。それができないと、選択肢の優劣をじっくりと見定めても、正解できないことがあります。そこでOCHABI学科では、本文の要点をいかに読むかということに重点を置いています。また、バランスよく知識課題を取り扱っていきます。小論文試験場でみなさんが懸命に書いた解答にさほど優劣はないと言えるでしょう。つまり、得点差はわずかな差によって起きるはずです。その差とは何か。それは問題に対して、単に書けることよりも考えをつめて書ききった解答です。その思考の運動に挑めるために、小論文のトレーニングは必須です。センター倫理センター倫理を一括して取り扱うクラス。出題のひっかけを回避し正答を得るために、事項よりも「人物」を優先した理解のやり方を伝授します。「人物」の理解が得点の中核となる唯一の科目である倫理は第3科目としておすすめです。2学期では第2~4の問題演習を中心として、第1問攻略法を伝授します。週間スケジュール拡大して見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週3コース -水木金-]

週3コース -水木金-授業時間水曜日~金曜日17:30~20:30――週3コースは、学校帰りに通いやすい水木金週3日のコースです。水曜日から金曜日の17:30~20:30に授業を行っています。5つのコースの中で最もスタンダードなコースですので、初めての方へもお勧めです。1日の制作時間が3時間と短く、3日間で1作品を制作する、時間にゆとりのあるカリキュラムを基本としていて、各課題の内容をしっかり学ぶことができます。高3から平日夜間に通う方は、高校と夜間の授業に今から慣れておく上でもお勧めです。3ヶ月をめどに週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週3コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費