MENU CLOSE
  1. HOME
  2. カテゴリー: コースを探す

カテゴリー: コースを探す

ses_vis_img_339

通信授業【東京藝術大学 デザイン科対策】

通信授業「オチャコネ」【東京藝術大学 デザイン科対策】普段OCHABI に通えない遠方の方でも自宅でできる、録画による講評動画を利用した通信授業です。提出された作品のデータ画像を講評し、動画撮影したデータをアップロードします。アップロードされた自分の講評動画以外に他の参加者の動画も閲覧可能です。教室での講評のように他の参加者の講評も閲覧出来る事で学習効果が高まります。個別授業の欠点である他人との比較が可能です。個別講評のため、各人の進度に合わせた講評を行います。繰り返し視聴することも可能です。講評動画は10 分程度です。課題によっては参考作品の解説も行います。出題される課題数は1度に1課題です。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったこと、聞きたい事などの質問にも、メールで返信を受けられます。-通信授業「オチャコネ」開講講座-筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策東京藝術大学 先端芸術表現科対策東京藝術大学 デザイン科デッサン対策/東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策―無料体験―通信授業【東京藝術大学 デザイン科デッサン対策】【東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策】無料体験講座のご案内です。≪講評動画配信日≫9月7日(土) ※課題出題は8月31日(土)≪受付締切≫8月31日(土)16:00まで≪作品提出締切≫9月6日(金)12:00まで無料体験「東京藝術大学 デザイン科デッサン対策」「東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策」は以下申込ページからお申込ください。無料体験_東京藝術大学_デザイン科デッサン対策無料体験_東京藝術大学_デザイン科色彩構成対策受講の流れ第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)第2ステップ「出題から提出まで」(④-⑥)第3ステップ「講評」(⑦-⑧)を行います。2回目以降の受講では、第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)は行いません。●ECサイトでのお申込み各回動画講評の配信日が設定されています。日程をご確認ください。②ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡講評動画再生等に必要なアドレス(アカウント)を確認します。Gmailアドレスを取得し返信してください。作品データや講評動画はGoogleドライブ上で扱います。併わせて、制作環境などの調査、制作枚数などのアンケートにご回答をお願いします。●動画講評視聴環境のテスト動画講評が視聴可能な環境かどうかをテストしてください。YOUTUBEをスムーズに再生できる環境であれば動画講評は視聴可能です。このPC接続環境テストが不調に終わり、代替の方法がなかった場合、受講料の全額を返金します。●Webでの出題受講者のアカウントに対して先生から出題や指示が送付されます。課題の出題は講評日の7日前です。●制作指示された課題を行い、作品制作をします。提出期日までに指定の制作時間での制作を行ってください。指定の制作時間以上の制作を行っても構いませんが、作品画像のタイトルに制作時間を入れてください。設定された動画講評配信日に合わせて作品提出締切日は決定しているので、それに合わせて制作をしてください。制作過程の作品撮影を1時間毎にしていただくと、より詳細な講評が可能です。「時間がない」「間に合わない」といった理由で完成しなくても、講評は行います。●作品提出提出は講評日の前日12:00までです。期日までに、データ(写真やPDFなど)で、指定されたURLにアップロードしてください。質問疑問があれば併せてアップしてください。●提出作品の確認と講評準備動画講評配信の準備をします。質問疑問の解答も準備します。●動画講評配信(10分程度)講評動画のアップロードを行います。アップロード完了後、講評動画の閲覧が可能になります。自分の個人講評動画はGoogleドライブ上で他の同一講座受講者も閲覧可能です。他の同一講座受講者の個人講評動画も閲覧可能です。メールでの質問にも対応します。受講料金東京藝術大学 デザイン科デッサン対策【9月-11月】 ¥60,000 ※講評日 計12回東京藝術大学 デザイン科デッサン対策【10月-11月】 ¥45,000 ※講評日 計9回東京藝術大学 デザイン科デッサン対策【11月】 ¥25,000 ※講評日 計5回東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策【9月-11月】 ¥60,000 ※講評日 計12回東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策【10月-11月】 ¥45,000 ※講評日 計9回東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策【11月】 ¥25,000 ※講評日 計5回※①~⑧までを1サイクルとして講評を行います。※お申込サイト「ECサイト」よりお申し込みください。2回目以降の受講では第1ステップ「申込とテスト」(①-③)は行いません。※9月以降の講座は8月受付開始予定です。注意事項◆オチャコネでは、実際の作品の郵送でのやり取りはありません。画像のデータの講評を行います。◆動画講評日の変更、振替はできません。◆個人講評動画は他の同一講座受講者も閲覧可能です。◆課題が終わらなかった場合、その状態で講評を行います。◆担当講師は1課題ごとに変わる場合がございます。◆動画講評はインターネットの特性上、データの送受信に変動があり、一定以上の通話クオリティをお約束することができません。動画・音声の乱れ、停止、遅延などが発生する場合があります。◆動画講評が通信状況により成立できない場合、電話による代替講評を行います。◆動画講評視聴は有線LANで接続したPCを使用してください。Wi-Fiでの接続の場合、動画や音声の乱れが多く発生します。◆オチャコネで得られた全てのデータは、第三者への譲渡、インターネット上での公開を禁止します。◆平面作品の撮影では、歪みがなるべく出ないように、撮影してください。◆画像データのサイズは、撮影する機材の最大サイズに合わせてください。◆撮影画像の切り取りや、色調補正などの編集は行わずに送付してください。→「オチャコネ」作品撮影時の注意PDF〔2.13M〕講座詳細【東京藝術大学 デザイン科対策】13年連続合格者数全国1位の圧倒的な合格実績、高い合格率の Ochabi 芸大デザインコースの授業を遠方の方でも受講することができます。2019年度 芸大デザインコース 合格実績東京藝術大学 デザイン科 30名合格≪定員45名≫(現役6名)☆合格者数13年連続全国1位☆☆13年間で365名合格☆地方からの受験者のご要望にお応えする、2019年度新設講座です。【課題内容】・東京藝術大学 デザイン科デッサン対策(石膏デッサン※1or構成デッサン)・東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策(色彩構成)※2※1 2学期より石膏デッサンを追加しました。申込時に石膏デッサンか構成デッサンを選択してください。石膏像の指定は行いません。石膏像の貸し出しは行っておりません。来校せずに描くことが可能な方のみお申込みください。※2 2学期より色彩構成対策を新設しました。【授業内容】〇講座についてOchabiに通えない人に対し、実技制作のアドバイスを行う講座です。初回申し込みの際にメールなどを利用して、学生に合わせた課題の方針を決定します。(1回の講評までの出題数は1課題です)〇課題の出題から制作・作品画像送付から講評までを1サイクルとして行います。・講評は動画にて行います。完成作品だけでなく制作途中を1時間毎に撮影していただくことをお勧めします。制作過程を含めた講評が行え、アドバイスがより効果的になります。・制作時の疑問、質問などをメール送信してください。講評にてわかりやすくお答えします。・動画講評は繰り返しの視聴が可能です。講評内容を再確認しその後の制作に役立てることができます。・講評時にはOCHBIの豊富な参考作品などを利用し、文章だけでは伝えにくいコツやニュアンス、課題のポイントをわかりやすく解説します。・自分の個人講評動画は他の同一講座受講者も閲覧可能ですのでご了承ください。他の同一講座受講者の個人講評動画も閲覧可能です。〇継続受講がお勧め特に実技経験が浅い学生は、難易度の低い課題から始め、実践的な課題を行えます。〇講習とのセットがお勧め夏期講習や冬期講習、直前講習は御茶の水美術学院での受講をおすすめいたします。集中して対策すること、他の学生と一緒に制作することでより力をつけていくことができます。〇一定期間のみの受講も可能一定期間のみの受講もお気軽にお申し込みください。進路をまだ迷っている方、高校1,2年生で実技を試してみたい方、ochabiの講評を受けてみたい方の参加もお待ちしています。☆1年間継続受講される場合の課題例4月~6月:基礎課題(試験時間よりも長めに制作時間を設定)7月・8月:夏期講習9月~11月:応用課題(実際の試験時間での制作)12月:冬期講習1月・2月:入試直前講習【講評日程】下記日程で講評動画を配信します。動画配信開始時間は午前中を予定しています。-2学期-9/14(土)・9/21(土)・9/28(土)10/5(土)・10/12(土)・10/19(土)・10/26(土)11/2(土)・11/9(土)・11/16(土)・11/23(土)・11/30(土)※商品構成は以下の通りです。※課題出題は講評日の7日前です。-2学期-≪ 9月-11月≫9/14・9/21・9/28・10/5・10/12・10/19・10/26・11/2・11/9・11/16・11/23・11/30 ※講評日 計12回≪10月-11月≫10/5・10/12・10/19・10/26・11/2・11/9・11/16・11/23・11/30 ※講評日 計9回≪11月≫11/2・11/9・11/16・11/23・11/30 ※講評日 計5回【課題作品提出締切】講評動画配信日の前日12:00まで【必要な用具】-東京藝術大学 デザイン科デッサン対策-■デッサンデッサンパネル(芸大サイズ)、B2画用紙、鉛筆(2H・H・F・HB・B・2B・3B・4B)、練り消しゴム、水張り用具〈水張り刷毛、水張り用テープ(白)、カッターナイフ、筆洗バケツ〉-東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策-■色彩構成ベニヤパネル(B3)、M画用紙(B3水張り用)、筆洗バケツ、クロッキー帳(B4)、三角定規(Too 30-5㎜方眼)、直定規(アクリル30cm・60cm)、製図用コンパス、アクリルガッシュ(ターナー24色セット)、デザイン筆〈精雲堂 赤毛レタ平筆#3・#5、名村 雲錦(中)・彩色(大)〉、溶き皿(10.5cm×5枚組)、紙パレット(F4サイズ)【東京藝術大学 デザイン科デッサン対策】【東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策】お申し込み方法ネットから申し込む※受付期間は各講座講評日の1週間前16:00までとなっております。申し込みはWEB受付のみとなっております。窓口・郵送での受付は行っておりません。申込サイトはこちら講習・無料体験・模試一覧に戻る

ses_vis_img_339

通信授業【筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策】

通信授業「オチャコネ」【筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策】普段OCHABI に通えない遠方の方でも自宅でできる、録画による講評動画を利用した通信授業です。提出された作品のデータ画像を講評し、動画撮影したデータをアップロードします。アップロードされた自分の講評動画以外に他の参加者の動画も閲覧可能です。教室での講評のように他の参加者の講評も閲覧出来る事で学習効果が高まります。個別授業の欠点である他人との比較が可能です。個別講評のため、各人の進度に合わせた講評を行います。繰り返し視聴することも可能です。講評動画は1作品につき10 分程度です。課題にあわせた参考作品の解説も行います。出題される課題数は1度に2課題です。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったこと、聞きたい事などの質問にも、メールで返信を受けられます。-通信授業「オチャコネ」開講講座-筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策東京藝術大学 先端芸術表現科対策東京藝術大学 デザイン科デッサン対策/東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策受講の流れ第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)第2ステップ「出題から提出まで」(④-⑥)第3ステップ「講評」(⑦-⑧)を行います。2回目以降の受講では、第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)は行いません。●ECサイトでのお申込み各回動画講評の配信日が設定されています。日程をご確認ください。②ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡講評動画再生等に必要なアドレス(アカウント)を確認します。Gmailアドレスを取得し返信してください。作品データや講評動画はGoogleドライブ上で扱います。併わせて、制作環境などの調査、制作枚数などのアンケートにご回答をお願いします。●動画講評視聴環境のテスト動画講評が視聴可能な環境かどうかをテストしてください。YOUTUBEをスムーズに再生できる環境であれば動画講評は視聴可能です。このPC接続環境テストが不調に終わり、代替の方法がなかった場合、受講料の全額を返金します。●Webでの出題受講者のアカウントに対して先生から出題や指示が送付されます。課題の出題は講評日の2週間前です。●制作指示された課題を行い、作品制作をします。提出期日までに指定の制作時間での制作を行ってください。指定の制作時間以上の制作を行っても構いませんが、作品画像のタイトルに制作時間を入れてください。設定された動画講評配信日に合わせて作品提出締切日は決定しているので、それに合わせて制作をしてください。制作過程の作品撮影を1時間毎にしていただくと、より詳細な講評が可能です。「時間がない」「間に合わない」といった理由で完成しなくても、講評は行います。●作品提出提出は講評日の4日前までです。期日までに、データ(写真やPDFなど)で、指定されたURLにアップロードしてください。質問疑問があれば併せてアップしてください。●提出作品の確認と講評準備動画講評配信の準備をします。質問疑問の解答も準備します。●動画講評配信(10分程度)講評動画のアップロードを行います。アップロード完了後、講評動画の閲覧が可能になります。自分の個人講評動画はGoogleドライブ上で他の同一講座受講者も閲覧可能です。他の同一講座受講者の個人講評動画も閲覧可能です。メールでの質問にも対応します。受講料金筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策【9月-11月】 ¥60,000 ※講評日 計6回筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策【10月-11月】 ¥40,000 ※講評日 計4回筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策【11月】 ¥20,000 ※講評日 計2回※①~⑧までを1サイクルとして講評を行います。※お申込サイト「ECサイト」よりお申し込みください。2回目以降の受講では第1ステップ「申込とテスト」(①-③)は行いません。注意事項◆オチャコネでは、実際の作品の郵送でのやり取りはありません。画像のデータの講評を行います。◆動画講評日の変更、振替はできません。◆個人講評動画は他の同一講座受講者も閲覧可能です。◆課題が終わらなかった場合、その状態で講評を行います。◆担当講師は1課題ごとに変わる場合がございます。◆動画講評はインターネットの特性上、データの送受信に変動があり、一定以上の通話クオリティをお約束することができません。動画・音声の乱れ、停止、遅延などが発生する場合があります。◆動画講評が通信状況により成立できない場合、電話による代替講評を行います。◆動画講評視聴は有線LANで接続したPCを使用してください。Wi-Fiでの接続の場合、動画や音声の乱れが多く発生します。◆オチャコネで得られた全てのデータは、第三者への譲渡、インターネット上での公開を禁止します。◆平面作品の撮影では、歪みがなるべく出ないように、撮影してください。◆画像データのサイズは、撮影する機材の最大サイズに合わせてください。◆撮影画像の切り取りや、色調補正などの編集は行わずに送付してください。→「オチャコネ」作品撮影時の注意PDF〔2.13M〕講座詳細【筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策】筑波大学 芸術専門学群受験で高い合格実績を誇るochabiの指導を、地方でも受講可能になりました。2019年 筑波大合格者は15人!構成専攻 8人合格!!2015~2019年 筑波大に62人が合格しました。【課題内容】・筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策(デッサン※/平面構成)※2学期よりデッサンを追加しました。【授業内容】〇講座についてOchabiに通えない人に対し、実技制作のアドバイスを行う講座です。初回申し込みの際にメールなどを利用して、学生に合わせた課題の方針を決定します。(1回の講評までの出題数は2課題です)〇課題の出題から制作・作品画像送付から講評までを1サイクルとして行います。・講評は動画にて行います。完成作品だけでなく制作途中を1時間毎に撮影していただくことをお勧めします。制作過程を含めた講評が行え、アドバイスがより効果的になります。・制作時の疑問、質問などをメール送信してください。講評にてわかりやすくお答えします。・動画講評は繰り返しの視聴が可能です。講評内容を再確認しその後の制作に役立てることができます。・講評時にはOCHBIの豊富な参考作品などを利用し、文章だけでは伝えにくいコツやニュアンス、課題のポイントをわかりやすく解説します。・自分の個人講評動画は他の同一講座受講者も閲覧可能ですのでご了承ください。他の同一講座受講者の個人講評動画も閲覧可能です。〇継続受講がお勧め特に実技経験が浅い学生は、難易度の低い課題から始め、実践的な課題を行えます。〇講習とのセットがお勧め夏期講習や冬期講習、直前講習は御茶の水美術学院での受講をおすすめいたします。集中して対策すること、他の学生と一緒に制作することでより力をつけていくことができます。〇一定期間のみの受講も可能一定期間のみの受講もお気軽にお申し込みください。進路をまだ迷っている方、高校1,2年生で実技を試してみたい方、ochabiの講評を受けてみたい方の参加もお待ちしています。☆1年間継続受講される場合の課題例4月~6月:基礎課題(試験時間よりも長めに制作時間を設定)7月・8月:夏期講習9月~11月:応用課題(実際の試験時間での制作)12月:冬期講習1月・2月:入試直前講習【講評日程】下記日程で講評動画を配信します。動画配信開始時間は午前中を予定しています。-2学期-9/14(土)・9/28(土)10/12(土)・10/26(土)11/9(土)・11/23(土)※商品構成は以下の通りです。※課題出題は講評日の2週間前です。-2学期-≪ 9月-11月≫9/14・9/28・10/12・10/26・11/9・11/23 ※講評日 計6回≪10月-11月≫10/12・10/26・11/9・11/23 ※講評日 計4回≪11月≫11/9・11/23 ※講評日 計2回【課題作品提出締切】講評動画配信日の4日前まで【必要な用具】-筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策-■デッサンベニヤパネル(B3サイズ)、M画用紙(B3水張りサイズ)、鉛筆(5B・4B・2B・HB・2H)、練り消しゴム、プラスチック消しゴム、カッター、ガーゼ、デスケル(Bサイズ)、鉛筆補助軸、クロッキー帳(B4)、フィキサチーフ、水張り刷毛、水張り用テープ(白)、筆洗バケツ■平面構成B3ケント紙、B3パネル、鉛筆(2B・HB)、練消しゴム、カッター、アクリルガッシュ(ターナー24色セット)、筆(Tooデザイン平筆#7・Too清泉#2・Too玉毛面相#3・Too彩色#5)、溶き皿(8.5cm×5枚)、紙パレット(ハーフサイズ)、筆洗バケツ■水張り用具水張り刷毛#25、水張り用テープ(白、細いモノ)【筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策】お申し込み方法ネットから申し込む※受付期間は各講座講評日の2週間前16:00までとなっております。申し込みはWEB受付のみとなっております。窓口・郵送での受付は行っておりません。申込サイトはこちら講習・無料体験・模試一覧に戻る

ses_vis_img_339

通信授業【東京藝術大学 先端芸術表現科対策】

通信授業「オチャコネ」【東京藝術大学 先端芸術表現科対策】普段OCHABI に通えない遠方の方でも自宅でできる、ビデオ通話を利用した通信授業です。【東京藝術大学 先端芸術表現科対策】では、Google ハングアウトやスカイプなどの、ビデオ通話を通じて対面で作品講評を行ないます。リアルタイムのコミュニケーションなので、講評中の質問・疑問にすぐに答えることができます。ビデオ通話講評は最大20 分です。一対一なので、しっかりと提出作品の講評を聞くことができます。出題される課題数は1度に2課題です。個々の志望やレベルによって課題内容は異なります。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったことなどは、メールで質問、返信を受けられます。添削が必要な作品にはビデオ通話講評後に添削内容をメールやクラウドで送信します。-通信授業「オチャコネ」開講講座-東京藝術大学 先端芸術表現科対策筑波大学 芸術専門学群 構成専攻対策東京藝術大学 デザイン科デッサン対策/東京藝術大学 デザイン科色彩構成対策―無料体験―通信授業【東京藝術大学 先端芸術表現科対策】無料体験講座のご案内です。≪講評日≫9月7日(土) ※課題出題は8月24日(土)≪受付締切≫8月24日(土)16:00まで≪作品提出締切≫9月3日(火)16:00まで無料体験「東京藝術大学 先端芸術表現科対策」は以下申込ページからお申込ください。無料体験_東京藝術大学_先端芸術表現科対策ビデオ通話講評の様子受講の流れ第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)第2ステップ「出題から提出まで」(④-⑥)第3ステップ「添削・講評」(⑦-⑩)を行います。2回目以降の受講では、第1ステップ「申込とPC接続環境テスト」(①-③)は行いません。●ECサイトでのお申込み各回ビデオ通話の講評日が指定されています。日程をご確認ください。●ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡ビデオ通話講評に必要なアドレス(アカウント)を確認します。併わせて、制作環境やWi-Fiの状況などの調査、制作枚数などのアンケートにご回答をお願いします。●ビデオ通話講評のテストビデオ通話講評が可能な環境かどうかをテストします。提出作品の撮影方法なども指南します。このPC接続環境テストが不調に終わり、代替の方法がなかった場合、受講料の全額を返金します。●Webでの出題受講者のアカウントに対して先生から出題や指示が送付されます。課題の出題は講評日の2週間前です。●制作指示された課題を行い、作品制作をします。制作期間は10日間です。この時に疑問や質問もまとめておくと良いです。ビデオ通話講評は日時が決定しているので、それに合わせて制作をしてください。「時間がない」「間に合わない」といった理由で完成しなくても、添削・講評は行います。●作品提出提出は講評日の4日前までです。期日までに、データ(写真やPDFなど)で、指定されたURLにアップロードしてください。質問疑問があれば併せてアップしてください。●提出作品の確認と講評準備添削が必要な課題はこの時点で行い、合わせてビデオ通話講評の準備をします。質問疑問の解答も準備します。●ビデオ通話講評(最大20分)ビデオ通話講評を行います。わからないことや、疑問に思ったことはどんどん質問しましょう。●メールでの添削の送付添削作品の送付をします。ビデオ通話講評からさらに伝えたい内容があれば、フォローメールでお伝えします。●1サイクル終了受講料金東京藝術大学 先端芸術表現科対策【9月-12月】 ¥90,000 ※講評日 計6回東京藝術大学 先端芸術表現科対策【10月-12月】 ¥75,000 ※講評日 計5回東京藝術大学 先端芸術表現科対策【11月-12月】 ¥45,000 ※講評日 計3回※①~⑩までを1サイクルとして講評を行います。※お申込サイト「ECサイト」よりお申し込みください。2回目以降の受講では第1ステップ「申込とテスト」(①-③)は行いません。注意事項◆オチャコネでは、実際の作品の郵送でのやり取りはありません。画像のデータの添削、または講評を行います。◆ビデオ通話を希望しない場合、添削などで対応いたします。◆ビデオ通話講評日の振替はできません。◆課題が終わらなかった場合、その状態で講評を行います。◆ビデオ通話はインターネットの特性上、データの送受信に変動があり、一定以上の通話クオリティをお約束することができません。動画・音声の乱れ、停止、遅延などが発生する場合があります。◆ビデオ通話が通信状況により成立できない場合、電話による代替講評を行います。◆ビデオ通話は有線LANで接続したPCを使用してください。Wi-Fiでの接続の場合、動画や音声の乱れが多く発生します。◆オチャコネで得られた全てのデータは、第三者への譲渡、インターネット上での公開を禁止します。◆平面作品の撮影では、歪みがなるべく出ないように、撮影してください。◆画像データのサイズは、撮影する機材の最大サイズに合わせてください。◆撮影画像の切り取りや、色調補正などの編集は行わずに送付してください。→「オチャコネ」作品撮影時の注意PDF〔2.13M〕講座詳細【東京藝術大学 先端芸術表現科対策】高い合格率の Ochabi 先端芸術表現科の授業を遠方の方でも受講することができます。2019年 先端芸術表現科 合格実績東京藝術大学 先端芸術表現科 7名合格☆合格者数全国1位☆☆現役合格者数 全国1位【5名】☆毎年地方の受講者からの合格者が出ています。普段は地元で高校に通いながら遠方より指導を行い、合格しました。【課題内容】・一次対策 小論文・一次対策 素描・総合実技・ファイル対策【授業内容】〇講座についてOchabiに通えない人に対し、実技制作のアドバイスを行う講座です。初回申し込みの際にビデオ通話「Skype」などを利用して、ビデオ通話講評が可能な環境かどうかをテストします。(1回の講評に対して2課題を出題します。)〇課題の出題から制作・作品送付、添削と講評までを1サイクルとして行います。・あなたの状況に合わせた課題を制作、出題します。・小論文やポートフォリオは添削したデータをお返しします。・講評は添削資料と共に、ビデオ通話「Skype」などを使い、会話形式で受けられます。文章などでは伝えにくいコツやニュアンス、課題のポイントをわかりやすく解説します。また、大学生活などで気になることや先端芸術表現科の分からないことなどを質問できます。〇継続受講がお勧め継続受講される方には、先端芸術表現科のファイル対策に繋がる面談・サポートを継続して行っていきます。受験に向けての年間計画を共に考えていきます。〇講習とのセットがお勧め夏期講習や冬期講習、直前講習は御茶の水美術学院での受講をおすすめいたします。集中して対策することによって、さらに力をつけていくことができます。〇一定期間のみの受講も可能一定期間のみの受講もお気軽にお申し込みください。進学先をまだ迷っている方は、7月のみ受講することで、先端芸術表現科卒業・在学中の講師から先端芸術表現科について詳しく聞くことができます。〇オチャビの指導をお試しで受けてみたい方にもおすすめ。7月のみの受講は、まだ予備校に通っていなくて、どこを受けるか迷っている方にもおすすめです。また、既に予備校に通っているが、オチャビの指導も受けてみたい!といった要望にも応えます。☆1年間継続受講される場合の課題例4月~6月:基礎課題7月・8月:夏期講習9月~11月:応用課題12月:冬期講習1月・2月:入試直前講習【講評日程】下記日程で講評を行います。時間は午前中を予定しています。-2学期-9/22(日)10/6(日)・10/20(日)11/3(日)・11/17(日)12/1(日)※商品構成は以下の通りです。※課題出題は講評日の2週間前です。-2学期-≪ 9月-12月≫9/22・10/6・10/20・11/3・11/17・12/1 ※講評日 計6回≪10月-12月≫10/6・10/20・11/3・11/17・12/1 ※講評日 計5回≪11月-12月≫11/3・11/17・12/1 ※講評日 計3回【必要な用具】■デッサン鉛筆、練り消しゴム、プラスチック消しゴム、カルトン、カッター、ガーゼ、ティッシュ■小論文筆記用具■ポートフォリオ制作 ※持っていると便利なものパソコン、編集ソフト(photoshop、イラストレーター等)、一眼カメラ、プリンターお申し込み方法ネットから申し込む※受付期間は各講座講評日の2週間前16:00までとなっております。申し込みはWEB受付のみとなっております。窓口・郵送での受付は行っておりません。申込サイトはこちら講習・無料体験・模試一覧に戻る

デザイン科[私大デザイン推薦入試]

昼間 [高卒生]授業時間月曜日~金曜日10:00~17:00土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費夜間 [高校3年生・高卒生]授業時間月曜日~金曜日17:30~20:30土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

ジュニア[日曜コース/日曜 月2回コース]

授業風景日曜コース 午前クラス※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。授業時間――日曜日10:00~13:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。デッサンてどんなことをするのかな?着彩は?まずやってみて経験することが大切です。美術に興味がある、絵を描くのが好き、という気持ちを大切にして、初歩から丁寧に指導していきます。日曜コース 午後クラス※2019年5月新設クラス授業時間――日曜日14:00~17:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。デッサンてどんなことをするのかな?着彩は?まずやってみて経験することが大切です。美術に興味がある、絵を描くのが好き、という気持ちを大切にして、初歩から丁寧に指導していきます。日曜 月2回コース ※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。授業時間――日曜日(月2回)※10:00~13:00日曜 月2回コースは、小学5年、6年生対象のコースです。授業は月2回、集中しやすい 3 時間。デッサンてどんなことをするのかな?着彩は?まずやってみて経験することが大切です。美術に興味がある、絵を描くのが好き、という気持ちを大切にして、初歩から丁寧に指導していきます。日曜コースへのステップアップも可能です。【2019年 授業日程】-1学期授業日-≪4月≫ 4/14・4/21≪5月≫ 5/12・5/19≪6月≫ 6/2・6/16≪7月≫ 7/7・7/14※8月は夏期講習期間のため通常授業は休講となります。-2学期授業日-≪9月≫ 9/8・9/22≪10月≫10/6・10/20≪11月≫11/10・11/17※12月は冬期講習期間のため通常授業は休講となります。-3学期授業日-≪1月≫ 1/12・1/19≪2月≫ 2/2・2/16≪3月≫ 3/1・3/15※日曜 月2回コースは、年間受講と月謝制の選択が可能です。月謝制の詳細は以下「月謝制 受講までの流れ」をご覧ください。月謝制 受講までの流れ① 入学要項P3「2.入学手続き方法」に記載されている学生カード、写真(3cm×4cm)1枚をご用意ください。→入学要項がお手元にない方はこちらから資料請求をしてください。② インターネット申込サイトより「入学金」、「授業開始月」を選択し、カートに入れ、ご購入手続きを完了してください。③ ご購入完了後、自動送信メールが送られてきます。申込手続きは、購入のみでは完了しません。①の必要書類を初回授業当日に2階受付へご提出ください。④ 校内掲示のアトリエ案内をご確認のうえ、授業にご参加ください。※ 授業日の初日3日前までに上記の手続きをしてください。※ 授業料は、クレジットカードによる毎月自動引き落としとなります。毎月授業料を納める手続きの必要はありません。※ 自動引き落としを中止する場合は前月末までにお申し出ください。※ 画材の販売はしておりません。事前にご用意のうえ、お越しください。画材は、当校近隣の『画材専門店Toolsお茶の水店』でご購入可能です。※ 月謝制コースの方へのロッカー貸出は行っておりません。ご了承ください。※ 領収書をご希望の方は、お申し出ください。※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。日曜コース/日曜 月2回コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る【OCHABI artgym】キッズクラスがオープンします。artgymキッズクラス(小学校1年生〜6年生)を開講します。※OCHABIのartgymキッズクラスは、ただ「描く」だけではありません。「きづく」「えがく」「つたえあう」の3軸から構成されたArtプログラムにより、アートに触れながら「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばすことを目的としています。※artgymとは、OCHABIが運営する一般向けのアートスクールです。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。「OCHABI artgym」TEL : 03-3293-8800受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[基礎コース/日曜 月2回コース]

基礎コース 午前クラス※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。授業時間――日曜日10:00~13:00基礎コースは、美術に興味があり、美術系大学への進学を夢見る中学生が、美術やデッサンの基礎を楽しく、一から学ぶことができるコースです。1日3時間の集中しやすい時間設定の中、多彩なカリキュラムを通して豊かな感性を育み、自分らしい表現を見つけていきましょう。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。基礎コース 午後クラス※※2019年5月新設クラス授業時間――日曜日14:00~17:00基礎コースは、美術に興味があり、美術系大学への進学を夢見る中学生が、美術やデッサンの基礎を楽しく、一から学ぶことができるコースです。1日3時間の集中しやすい時間設定の中、多彩なカリキュラムを通して豊かな感性を育み、自分らしい表現を見つけていきましょう。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。日曜 月2回コース ※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。授業時間――日曜日(月2回)※10:00~13:00日曜 月2回コースは、美術に興味があり、美術系大学への進学を夢見る中学生が、美術やデッサンの基礎を楽しく、一から学ぶことができるコースです。月2回1日3時間の集中しやすい時間設定の中、多彩なカリキュラムを通して豊かな感性を育み、自分らしい表現を見つけていきましょう。基礎コースや強化コース、受験対策コースへのステップアップも可能です。【2019年 授業日程】-1学期授業日-≪4月≫ 4/14・4/21≪5月≫ 5/12・5/19≪6月≫ 6/2・6/16≪7月≫ 7/7・7/14※8月は夏期講習期間のため通常授業は休講となります。-2学期授業日-≪9月≫ 9/8・9/22≪10月≫10/6・10/20≪11月≫11/10・11/17※12月は冬期講習期間のため通常授業は休講となります。-3学期授業日-≪1月≫ 1/12・1/19≪2月≫ 2/2・2/16≪3月≫ 3/1・3/15※日曜 月2回コースは、年間受講と月謝制の選択が可能です。月謝制の詳細は以下「月謝制 受講までの流れ」をご覧ください。月謝制 受講までの流れ① 入学要項P3「2.入学手続き方法」に記載されている学生カード、写真(3cm×4cm)1枚をご用意ください。→入学要項がお手元にない方はこちらから資料請求をしてください。② インターネット申込サイトより「入学金」、「授業開始月」を選択し、カートに入れ、ご購入手続きを完了してください。③ ご購入完了後、自動送信メールが送られてきます。申込手続きは、購入のみでは完了しません。①の必要書類を初回授業当日に2階受付へご提出ください。④ 校内掲示のアトリエ案内をご確認のうえ、授業にご参加ください。※ 授業日の初日3日前までに上記の手続きをしてください。※ 授業料は、クレジットカードによる毎月自動引き落としとなります。毎月授業料を納める手続きの必要はありません。※ 自動引き落としを中止する場合は前月末までにお申し出ください。※ 画材の販売はしておりません。事前にご用意のうえ、お越しください。画材は、当校近隣の『画材専門店Toolsお茶の水店』でご購入可能です。※ 月謝制コースの方へのロッカー貸出は行っておりません。ご了承ください。※ 領収書をご希望の方は、お申し出ください。※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。基礎コース/日曜 月2回コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[強化コース]

強化コース ※2019年度は定員のため締め切りとさせていただきます。授業時間――日曜日10:00~17:00強化コースの授業時間は6時間。じっくりと美術やデッサンの基礎を学ぶことができます。将来の美術系大学への進学も視野に入れております。基礎コースからのステップアップも可能です。強化コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[受験対策コース]

受験対策コース ※定員のため入学受付を停止しておりましたが、若干名の追加募集が決定しましたのでお知らせさせていただきます。詳細はこちら授業時間――日曜日10:00~17:00受験対策コースは、都立総合芸術高校などの美術系高校を受験する方に最適のコースです。楽しみながらしっかり学べ、実際の実技試験時間を考慮し、講評と合わせた 6 時間という設定です。最新の入試情報や、出題傾向に沿ったデッサン・着彩を中心に、多様な課題に取り組みます。また、一般入試はもちろん、推薦入試にも対応します。合格に向けて基礎的な技術力と柔軟な発想力を伸ばしましょう。基礎コース、強化コースからのステップアップも可能です。受験対策コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週1コース 日曜クラス]

週1コース 日曜クラス授業時間――日曜日10:00~17:00自宅や学校が遠いけれど美術を学びたい、ウィークデイは忙しいけれど今すぐはじめたい、そのようなみなさまへお勧めなのが日曜クラスです。初めはデッサンクラスで木炭デッサンを学び、経験値の上がった人はデザイン・工芸クラスやファイン系クラス(油絵・日本画・彫刻)の課題に取り組みます。状況に応じて、週2コース(土日)や週3コース(水木金)、週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。日曜クラスで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週1コース 土曜クラス]

週1コース 土曜クラス授業時間土曜日14:00~20:30――授業、部活動で忙しい人や高校1年生が試しにはじめられる週1日のコースです。初めはデッサンクラスで木炭デッサンを学び、経験値の上がった人はデザイン・工芸クラスやファイン系クラス(油絵・日本画・彫刻)の課題に取り組みます。状況に応じて、週2コース(土日)や週3コース(水木金)、週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。土曜クラスで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費