MENU CLOSE
  1. HOME
  2. コースを探す
  3. デザイン・工芸科[工芸]

デザイン・工芸科[工芸]

東京藝術大学を中心に、東京5美術大学などの受験において、合格に必要なスキルを昼間コース、夜間コースで学ぶことができます。
様々なトレーニングを通して、多くの個性を発見し延ばす教育方針と環境によって高い合格実績を上げています。

昼間 [高卒生]

授業時間
月曜日~金曜日
09:00~16:00
土曜日※
14:00~20:30
日曜日※
10:00~17:00

工芸は自分の手で考え、素材と向き合い、自分の手で制作する世界です。
工芸といっても色々な素材があり、陶芸、漆芸、染織、陶芸、金属、ガラス、木工等多岐にわたります。
そのため各大学の工芸科は最初、工芸として入学しますが、1年~2年次に各素材に触れてその後、素材専攻別に別れていきます。
その基礎的な表現として物を観て観察し、その表現力を的確なものにするデッサン・平面・立体の技術を身につけます。

近年、日本の工芸は海外でも<KOUGEI>という固有名詞で一つの文化として見直され、工芸の多様な表現世界が注目されています。
あなたもこの工芸の面白さを発見してみませんか?
※選択制。公開講習の内、実技講習の時間を掲載。

工芸コースで学ぶこと

デッサン

今後、工芸家として必要な力は作品制作のための表現力です。自分の作りたい形を考える事、絵にして形を考える事、その基本になるのはデッサン力です。対象物をしっかり観察してその中から造形を学びます。それをさらに進化させて、ものを表現する力へ成長させていきましょう。

平面表現

平面表現で学ぶことは、構成力と色彩感覚です。作品の質を高めるためには、作品の構図や配置など構成の基本にそってまとめ上げる力が必要です。自然物などのモチーフにしてそれらの表現を描写を通して、構成力を学んでいきます。また透明水彩やアクリルガッシュの絵具を使っての表現で色彩感覚も養います。

立体表現

立体では粘土の素材を通して空間にものがどのように存在するかを学習します。また、どのように粘土が形に成っていくのか8kgの粘土を手掛かりに空間表現を学びます。工芸の世界では、将来どんな素材で作品を作るにしても立体に関わりながら造形します。モチーフを模刻したり、イメージテーマから造形したりと将来の作品作りのために基本的な立体造形感覚をしっかり養いましょう。また、一学期、二学期にそれぞれ一週間ずつ彫刻科と合同授業として、心棒を組んで首像などの制作も行います。

週間スケジュール

拡大して見る

作品例

年間スケジュール

夜間 [高校3年生・高卒生]

授業時間
月曜日~金曜日
17:00~20:00
土曜日※
14:00~20:30
日曜日※
10:00~17:00

工芸は自分の手で考え、素材と向き合い、自分の手で制作する世界です。
工芸といっても色々な素材があり、陶芸、漆芸、染織、陶芸、金属、ガラス、木工等多岐にわたります。
そのため各大学の工芸科は最初、工芸として入学しますが、1年~2年次に各素材に触れてその後、素材専攻別に別れていきます。
その基礎的な表現として物を観て観察し、その表現力を的確なものにするデッサン・平面・立体の技術を身につけます。

近年、日本の工芸は海外でも<KOUGEI>という固有名詞で一つの文化として見直され、工芸の多様な表現世界が注目されています。
あなたもこの工芸の面白さを発見してみませんか?
※選択制。公開講習の内、実技講習の時間を掲載。

工芸コースで学ぶこと

デッサン

今後、工芸家として必要な力は作品制作のための表現力です。自分の作りたい形を考える事、絵にして形を考える事、その基本になるのはデッサン力です。対象物をしっかり観察してその中から造形を学びます。それをさらに進化させて、ものを表現する力へ成長させていきましょう。

平面表現

平面表現で学ぶことは、構成力と色彩感覚です。作品の質を高めるためには、作品の構図や配置など構成の基本にそってまとめ上げる力が必要です。自然物などのモチーフにしてそれらの表現を描写を通して、構成力を学んでいきます。また透明水彩やアクリルガッシュの絵具を使っての表現で色彩感覚も養います。

立体表現

立体では粘土の素材を通して空間にものがどのように存在するかを学習します。また、どのように粘土が形に成っていくのか8kgの粘土を手掛かりに空間表現を学びます。工芸の世界では、将来どんな素材で作品を作るにしても立体に関わりながら造形します。モチーフを模刻したり、イメージテーマから造形したりと将来の作品作りのために基本的な立体造形感覚をしっかり養いましょう。また、一学期、二学期にそれぞれ一週間ずつ彫刻科と合同授業として、心棒を組んで首像などの制作も行います。

週間スケジュール

拡大して見る

作品例

年間スケジュール