MENU CLOSE
  1. HOME
  2. カテゴリー: コース詳細

カテゴリー: コース詳細

hom_vis_img_440

OCHABIオンライン授業《ビデオ通話講評》

OCHABIオンライン授業《ビデオ通話講評》とは普段OCHABI に通えない方でも自宅で受講可能な、ビデオ通話を利用した個別講評を受けられる授業です。開講講座■東京藝術大学 先端芸術表現科対策◉東京藝術大学 先端芸術表現科対策は一次対策[素描]、一次対策[小論文]、個人資料ファイル・二次対策 総合実技 の対策講座を設置しており、東京藝術大学 先端芸術表現科受験に必要な力をつけていきます。◉課題:①一次対策[素描]②一次対策[小論文]③個人資料ファイル・二次対策 総合実技※①②③は別講座となりますが、①③と②③は同時受講が可能です。※①②③はそれぞれお申込みが必要となります。◉対象:東京藝術大学先端芸術表現科の受験を目指す高3生・高卒生◉ビデオ通話を利用した講評Zoomなどのビデオ通話を利用した個別講評を行う授業です。①一次対策[素描]・課題(5.5h)を2つ出題いたします。講評シートを返却した上で、20分のZoomを行います。(1課題10分)・2週間に1回の講評、日曜日の午前中を予定しております。②一次対策[小論文]・課題(5.5h)を2つ出題いたします。講評シートを返却した上で、20分のZoomを行います。(1課題10分)・2週間に1回の講評、日曜日の午前中を予定しております。③個人資料ファイル・二次対策 総合実技・2週間毎に2課題出題をベースとします。ポートフォリオの進捗に合わせて課題を出題いたします。・2週間に1回の講評、日曜日の午前中を予定しております。・Zoomで40分の個人講評を行います。(1課題20分)ポートフォリオ対策は、対話を通した指導を重視したいため、講評シートはありません。・既にまとまったポートフォリオがある場合は、相談したうえで、1課題分の面談を書面での添削に変更することもあります。(ポートフォリオの添削+Zoom20分)講師との1対1の個別講評ですので、しっかりと提出作品の講評を聞くことができます。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったことなどは、メールで質問、返信を受けられます。添削が必要な作品にはビデオ通話講評後に添削内容をメールやクラウドで送信します。お申し込み※課題名称をクリックすると申込ページへアクセスします。講座名称課題期間(課題数)受講料申込締切日東京藝術大学先端芸術表現科対策一次対策 素描①4月~7月(12課題)②5月~7月(8課題)③6月~7月(4課題)①¥90,000②¥60,000③¥30,000①4月9日(金)16:00まで②5月2日(日)16:00まで③5月30日(日)16:00まで一次対策 小論文個人資料ファイル・二次対策 総合実技日程出題日出題課題数提出日講評日申込締切日4月12日(月)2課題4月21日(水)4月25日(日)【受付終了】4月9日(金)16:00まで4月26日(月)2課題5月5日(水)5月9日(日)5月10日(月)2課題5月19日(水)5月23日(日)【受付終了】5月2日(日)16:00まで5月24日(月)2課題6月2日(水)6月6日(日)6月7日(月)2課題6月16日(水)6月20日(日)5月30日(日)16:00まで6月21日(月)2課題6月30日(水)7月4日(日)受講の流れ①ECサイトでのお申込み下記《オンライン授業受講条件》をご確認いただき、ご希望の受講期間を選択し、各日程をご確認のうえ、お申し込みください。②ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡授業受講に必要なアドレス(アカウント)を確認します。Gmailアドレスを取得し返信してください。作品データはGoogleドライブ上で扱います。③課題出題と講評招待Gmailアドレスへ授業課題(モチーフ情報含む)と講評当日の受講用ID等を送信します。④受講開始オンライン授業受講条件◇自宅などに制作できる環境がある。◇PC、タブレット、スマートフォンなどの端末(カメラ、マイク、スピーカー付き)と、安定したインターネット接続環境(容量制限がないもの)がある。◇オンラインミーティングツール(Zoom)をダウンロードでき、使用できる環境がある。※お申込み後はお早めに、Googleアカウントの取得、Zoomのインストールをお願い致します。メールアドレスはGoogleドライブの特性上、ファイル共有時にコース内でメールアドレスが共有されますので、新規に授業用としてメールアドレスを作成してください。詳細についてはお申し込み後に受講マニュアルをメールにて送信させていただきます。※授業を本校で受講するためのアトリエはございません。ご自宅等での受講をお願いいたします。※授業で必要な画材及びモチーフはご自身で準備が必要となります。講習・無料体験・模試一覧に戻る

hom_vis_img_440

OCHABIオンライン授業《Zoom授業》

OCHABIオンライン授業《Zoom授業》とは普段OCHABI に通えない方でも自宅で受講できる、Zoomを利用した授業です。《授業イメージ》5月30日(日)無料体験オンライン受講をご検討されている方のための無料体験です。□対象東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学など在京大学の受験を目指す高卒生、高校生、中学生、小学5.6年生□日程5月30日(日)10:00~13:00[3時間]□実技課題鉛筆デッサン□必要な用具鉛筆[BまたはHB]、画用紙[サイズ自由]※各自で準備をお願いいたします。□必要なモチーフ以下①②を両方ご用意ください。①フェイスタオル 出来るだけ無地のもの②家にある丸っこい野菜又は果物《野菜の例》トマト、玉ねぎ、にんにく、ピーマン 等《果物の例》レモン、りんご、洋ナシ 等□必要な環境①制作できる環境。②PC、タブレット、スマートフォンなどの端末(カメラ、マイク、スピーカー付き)と、安定したインターネット接続環境(容量制限がないもの)。③オンラインミーティングツール(Zoom)をダウンロードでき、使用できる環境。□申込締切5月27日(木)23:59まで開講講座■東京藝術大学 デザイン科対策◉東京藝術大学 デザイン科対策は構成デッサンと色彩構成をメインに取り組み、芸大受験に必要な力をつけていきます。◉課題:構成デッサン[芸大サイズ(670×514mm)]/色彩構成[B3]◉対象:東京藝術大学デザイン科の受験を目指す高3生・高卒生◉時間:日曜日10:00-17:00(6時間)◉Zoomを利用したオンライン授業制作作品のアップロードのため、Googleアカウントが必要です。《カリキュラム例》[第1週]構成デッサン モチーフ[コップ/鉛筆/タオル][第2週]色彩構成   モチーフ[しいたけ数個][第3週]構成デッサン モチーフ[ピンポン玉/コピー用紙/ポケットティシュ/クルミ]         ・・・[第7週]構成デッサン モチーフ[アルミホイル/アルミ線/ペン先/コピー用紙][第8週]色彩構成   モチーフ[ニンニク/赤唐辛子/ローリエ/シナモンスティック][第9週]構成デッサン モチーフ[カップヌードル/森永製菓チョコボール]※1日1課題を出題する予定です。■高1・2 日曜コース◉高1・2 日曜コースはデッサンをメインに取り組み、芸大・美大受験に必要な基礎力をつけていきます。初心者の方にもお勧めです。◉課題:鉛筆デッサンほか[木炭デッサンも可]◉対象:東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学など在京大学の受験を目指す高校1.2年生◉時間:日曜日10:00-17:00(6時間)◉Zoomを利用したオンライン授業制作作品のアップロードのため、Googleアカウントが必要です。《カリキュラム例》[第1週]鉛筆デッサン モチーフ[パン][第2週]鉛筆デッサン モチーフ[タオル/紐/卵][第3週]鉛筆デッサン モチーフ[靴]         ・・・[第7週]構成デッサン モチーフ[金属のスプーン][第8週]構成デッサン モチーフ[衣服1点][第9週]色彩構成   モチーフ[かぼちゃ4分の1カット]※1日1課題で、1週ごとに様々な形式のデッサンを出題する予定です。画面サイズは、木炭・木炭紙 or 鉛筆・B3画用紙・B3程度のスケッチブックでも可。■中学生 日曜コース■ジュニア 日曜コース◉中学生 日曜コースとジュニア 日曜コースはデッサンをメインに取り組み、芸大・美大受験に必要な基礎力をつけていきます。初心者の方にもお勧めです。◉課題:鉛筆デッサンほか◉対象:東京藝術大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学など在京大学の受験を目指す中学生、小学5.6年生※美術系高校入試には対応しておりません。◉時間:日曜日10:00-13:00(3時間)◉Zoomを利用したオンライン授業制作作品のアップロードのため、Googleアカウントが必要です。《カリキュラム例》[第1週]鉛筆デッサン モチーフ[パン][第2週]鉛筆デッサン モチーフ[タオル/紐/卵][第3週]鉛筆デッサン モチーフ[靴]         ・・・[第7週]構成デッサン モチーフ[金属のスプーン][第8週]構成デッサン モチーフ[衣服1点][第9週]色彩構成   モチーフ[かぼちゃ4分の1カット]※1日1課題で、1週ごとに様々な形式のデッサンを出題する予定です。画面サイズは、木炭・木炭紙 or 鉛筆・B3画用紙・B3程度のスケッチブックでも可。お申し込み※課題名称をクリックすると申込ページへアクセスします。講座名称課題期間(課題数)受講料申込締切日東京藝術大学デザイン科対策構成デッサン[芸大サイズ(670×514mm)]色彩構成[B3]①4月~7月(12課題)②5月~7月(8課題)③6月~7月(4課題)①¥84,000②¥56,000③¥28,000①4月11日(日)16:00まで②5月9日(日)16:00まで③6月6日(日)16:00まで高1・2日曜コース鉛筆デッサンほか中学生日曜コース鉛筆デッサンほか①¥42,000②¥28,000③¥14,000ジュニア日曜コース鉛筆デッサンほか日程[全コース共通]受講期間①受講期間②受講期間③授業日申込締め切り日①4月18日-7月4日[授業数12回]----4月18日(日)【受付終了】①4月11日(日)16:00まで②5月9日(日)16:00まで③6月6日(日)16:00まで4月25日(日)5月2日(日)5月9日(日)②5月16日-7月4日[授業数8回]5月16日(日)5月23日(日)5月30日(日)6月6日(日)③6月13日-7月4日[授業数4回]6月13日(日)6月20日(日)6月27日(日)7月4日(日)受講の流れ①ECサイトでのお申込み下記《オンライン授業受講条件》をご確認いただき、ご希望の受講期間を選択し、各日程をご確認のうえ、お申し込みください。②ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡授業受講に必要なアドレス(アカウント)を確認します。Gmailアドレスを取得し返信してください。作品データはGoogleドライブ上で扱います。③課題出題と授業招待Gmailアドレスへ授業課題(モチーフ情報含む)と授業当日の受講用ID等を送信します。④受講開始オンライン授業受講条件◇自宅などに制作できる環境がある。◇PC、タブレット、スマートフォンなどの端末(カメラ、マイク、スピーカー付き)と、安定したインターネット接続環境(容量制限がないもの)がある。◇オンラインミーティングツール(Zoom)をダウンロードでき、使用できる環境がある。※お申込み後はお早めに、Googleアカウントの取得、Zoomのインストールをお願い致します。メールアドレスはGoogleドライブの特性上、ファイル共有時にコース内でメールアドレスが共有されますので、新規に授業用としてメールアドレスを作成してください。詳細についてはお申し込み後に受講マニュアルをメールにて送信させていただきます。※授業を本校で受講するためのアトリエはございません。ご自宅等での受講をお願いいたします。※授業で必要な画材及びモチーフはご自身で準備が必要となります。講習・無料体験・模試一覧に戻る

hom_vis_img_440

OCHABIオンライン授業《講評動画》

OCHABIオンライン授業《講評動画》とは普段OCHABI に通えない方でも自宅で受講できる、録画による講評動画を利用した授業です。開講講座■筑波大学 芸術専門学群対策◉筑波大学 芸術専門学群対策は鉛筆デッサン課題と平面構成課題という2つの課題への対策講座を設置しており、筑波大学芸術専門学群受験に必要な力をつけていきます。◉課題:①鉛筆デッサン[2時間・B4]②平面構成[B3]※①②は別講座となりますが、同時受講が可能です。※①②③はそれぞれお申込みが必要となります。◉対象:筑波大学芸術専門学群の受験を目指す高3生・高卒生◉録画による動画を利用した講評データで提出していただいた作品画像を動画講評し、データをアップロードします。アップロードされた自分の講評動画以外に参考作品の解説動画も閲覧出来る事で学習効果が高まります。個別講評のため、各人の進度に合わせた講評を行います。繰り返し視聴することも可能です。課題は1週間に1回出題します。講評動画は10分程度です。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったこと、聞きたい事などの質問にも、メールで返信を受けられます。制作作品のアップロード、講評動画の閲覧にはGoogleアカウントが必要です。■武蔵野美術大学 各デザイン学科 一般入試対策■武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 総合型選抜対策■武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 総合型選抜対策◉武蔵野美術大学対策は、 「各デザイン学科 一般入試対策」「工芸工業デザイン学科 総合型選抜対策」「空間演出デザイン学科 総合型選抜対策」を設置しています。 「各デザイン学科 一般入試対策」はデッサン課題/色彩構成(デザイン)課題/構想力テスト課題、「工芸工業デザイン学科 総合型選抜対策」と「空間演出デザイン学科 総合型選抜対策」はポートフォリオ制作に対応し、武蔵野美術大学受験に必要な力をつけていきます。◉課題:□各デザイン学科 一般入試対策①デッサン[B3画用紙]②色彩構成(デザイン)[B3ケント紙]③構想力テスト[B3ケント紙]※①②③は別講座となりますが、同時受講が可能です。□総合型選抜対策[工芸工業デザイン学科/空間演出デザイン学科]ポートフォリオ制作◉対象:武蔵野美術大学の受験を目指す高3生・高卒生◉録画による動画を利用した講評データで提出していただいた作品画像を動画講評し、データをアップロードします。アップロードされた自分の講評動画以外に参考作品の解説動画も閲覧出来る事で学習効果が高まります。個別講評のため、各人の進度に合わせた講評を行います。繰り返し視聴することも可能です。課題は1週間に1回出題します。講評動画は10分程度です。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったこと、聞きたい事などの質問にも、メールで返信を受けられます。制作作品のアップロード、講評動画の閲覧にはGoogleアカウントが必要です。■多摩美術大学 各デザイン学科 一般入試対策■多摩美術大学 劇場美術デザインコース 総合型選抜対策◉多摩美術大学対策は、 「各デザイン学科 一般入試対策」「劇場美術デザインコース 総合型選抜対策」を設置しています。 「各デザイン学科 一般入試対策」はデッサン課題/色彩構成課題、「劇場美術デザインコース 総合型選抜対策」はポートフォリオ制作に対応し、多摩美術大学受験に必要な力をつけていきます。◉課題:□各デザイン学科 一般入試対策①デッサン[B3画用紙]②色彩構成[B3ケント紙]※①②は別講座となりますが、同時受講が可能です。□劇場美術デザインコース 総合型選抜対策ポートフォリオ制作◉対象:多摩美術大学の受験を目指す高3生・高卒生◉録画による動画を利用した講評データで提出していただいた作品画像を動画講評し、データをアップロードします。アップロードされた自分の講評動画以外に参考作品の解説動画も閲覧出来る事で学習効果が高まります。個別講評のため、各人の進度に合わせた講評を行います。繰り返し視聴することも可能です。課題は1週間に1回出題します。講評動画は10分程度です。制作した作品の提出は、すべてデータで行なうので、郵送などの手間がかかりません。出題で疑問に思ったこと、分からなかったこと、聞きたい事などの質問にも、メールで返信を受けられます。制作作品のアップロード、講評動画の閲覧にはGoogleアカウントが必要です。お申し込み※課題名称をクリックすると申込ページへアクセスします。講座名称課題期間(課題数)受講料申込締切日筑波大学芸術専門学群対策鉛筆デッサン[2時間・B4サイズ]①4月~7月(10課題)②5月~7月(8課題)③6月~7月(4課題)①¥50,000②¥40,000③¥20,000①4月18日(日)16:00まで②5月1日(土)16:00まで③5月30日(日)16:00まで平面構成[B3サイズ]武蔵野美術大学各デザイン学科一般入試対策デッサン[B3サイズ]①4月~7月(10課題)②5月~7月(8課題)③6月~7月(4課題)①¥50,000②¥40,000③¥20,000①4月18日(日)16:00まで②5月1日(土)16:00まで③5月30日(日)16:00まで色彩構成(デザイン)[B3ケント紙]構想力テスト[B3ケント紙]武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科総合型選抜対策ポートフォリオ制作武蔵野美術大学空間演出デザイン学科総合型選抜対策ポートフォリオ制作多摩美術大学各デザイン学科一般入試対策デッサン[B3サイズ]①4月~7月(10課題)②5月~7月(8課題)③6月~7月(4課題)①¥50,000②¥40,000③¥20,000①4月18日(日)16:00まで②5月1日(土)16:00まで③5月30日(日)16:00まで色彩構成[B3ケント紙]多摩美術大学劇場美術デザインコース総合型選抜対策ポートフォリオ制作日程[全コース共通]出題日出題課題数提出日講評日申込締め切り日4月21日(水)1課題4月28日(水)5月2日(日)【受付終了】4月18日(日)16:00まで4月28日(水)1課題5月5日(水)5月9日(日)5月6日(木)1課題5月12日(水)5月16日(日)【受付終了】5月1日(土)16:00まで5月12日(水)1課題5月19日(水)5月23日(日)5月19日(水)1課題5月26日(水)5月30日(日)5月26日(水)1課題6月2日(水)6月6日(日)6月2日(水)1課題6月9日(水)6月13日(日)5月30日(日)16:00まで6月9日(水)1課題6月16日(水)6月20日(日)6月16日(水)1課題6月23日(水)6月27日(日)6月23日(水)1課題6月30日(水)7月4日(日)受講の流れ①ECサイトでのお申込み下記《オンライン授業受講条件》をご確認いただき、ご希望の受講期間を選択し、各日程をご確認のうえ、お申し込みください。②ECサイトでご登録いただいたメールアドレスへのご連絡授業受講に必要なアドレス(アカウント)を確認します。Gmailアドレスを取得し返信してください。作品データはGoogleドライブ上で扱います。③課題出題Gmailアドレスへ授業課題(モチーフ情報含む)等を送信します。④受講開始制作を開始し、提出期限までに作品を提出。その後アップロードされる講評動画を視聴します。オンライン授業受講条件◇自宅などに制作できる環境がある。◇PC、タブレット、スマートフォンなどの端末(カメラ、マイク、スピーカー付き)と、安定したインターネット接続環境(容量制限がないもの)がある。※お申込み後はお早めに、Googleアカウントの取得をお願い致します。メールアドレスはGoogleドライブの特性上、ファイル共有時にコース内でメールアドレスが共有されますので、新規に授業用としてメールアドレスを作成してください。詳細についてはお申し込み後に受講マニュアルをメールにて送信させていただきます。※授業を本校で受講するためのアトリエはございません。ご自宅等での受講をお願いいたします。※授業で必要な画材及びモチーフはご自身で準備が必要となります。講習・無料体験・模試一覧に戻る

高1・2[週2 月火コース]

週2 月火コース授業時間月曜日17:30~20:30火曜日17:30~20:30週2月火コースは、学校帰りに通いやすい平日週2日間のコースです。月曜日と火曜日の17:30~20:30に授業を行っています。2日間を連続で受講するコースで、初めての方へもお勧めです。1日の制作時間が3時間と短く、2日間で1作品を制作するカリキュラムを基本としていて、各課題の内容をしっかり学ぶことができます。高3から平日夜間に通う方は、高校と夜間の授業に今から慣れておく上でもお勧めです。3ヶ月をめどに週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週2 月火コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

デザイン科[私大デザイン推薦入試]

昼間 [高卒生]授業時間月曜日~金曜日10:00~17:00土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の総合型選抜および学校推薦型選抜の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費夜間 [高校3年生・高卒生]授業時間月曜日~金曜日17:30~20:30土曜日※14:00~20:30日曜日※10:00~17:00武蔵野美術大学や多摩美術大学の推薦入試およびAO入試の対策をするコースです。推薦入試は希望する専攻によって必要なスキルが異なります。推薦試験に必要な実技試験(デッサン/平面構成/デザイン課題など)は私大デザインコースと合同での対策を行います。また、提出作品やポートフォリオの指導・相談にも個々に対応します。※※本コースの受講期間は2学期までとなります。3学期授業の受講希望者は入試直前講習をお申込みください。<平面系クラス>武蔵野美術大学(視覚伝達デザイン・基礎デザイン・デザイン情報)多摩美術大学(グラフィックデザイン・情報デザイン・統合デザイン)を主な対象としたクラスです。<立体系クラス>武蔵野美術大学(工芸工業デザイン・空間演出デザイン)多摩美術大学(プロダクトデザイン・テキスタイルデザイン・環境デザイン・劇場美術デザイン)を主な対象としたクラスです。※選択制。授業の内、実技授業の時間を掲載。【対応する大学】※武蔵野美術大学/多摩美術大学/女子美大 アート・デザイン表現学科/女子美大 デザイン学科/女子美大 短期大学部/日本大学芸術学部 デザイン学科/東京造形大学など※土日での受講や国公立大学の受験をご希望の方は「土日美術系受験科 推薦入試コース」をご参照下さい。私大デザイン推薦入試コースで学ぶことデッサン1学期は平面系、立体系合同で基礎的なデッサンを勉強します。夏期講習から入試を踏まえた課題になります。平面系は手の構成デッサン、立体系は静物デッサンが主体となります。各大学で出題される傾向や時間がはっきりと分かれているので、それぞれの出題に対応した課題を数多く用意してあります。色彩構成私大の色彩構成は、各大学で多少出題内容が傾向が変わりますが私大系平面は主にイメージ平面が主流です。普段、生活している時に目にする風景やイメージ等をよく観察し、良いと思った情報を日発見して自分のものにしておく事が大切です。様々な問題に柔軟に対応出来る価値観を養っておきましょう。ポートフォリオポートフォリオとは、自分の過去の作品を見やすい形(1冊の作品集)にまとめたものです。できるだけ自分の考えや訴えたい内容に沿ったまとめ方がベストのポートフォリオの作成です。最近は推薦入試課題の一つとして、ポートフォリオが採用される大学、学科が増えつつあります。また、就職試験等でも活用されています。面接/プレゼンテーション面接においては、志望動機はもとより将来のビジョンやどのようなデザイナーになりたいか、数年後から十年先の展望まで聞かれる事が多くなっています。また、デザインに関わる質問もあります。そのため、自分と向き合いながらデザインについての知識もある程度勉強する必要があります。ただし、背伸びをする必要は無いので「ただ良いと思ったから」から「だから良いと思う」へ自信を持って言える力を養います。プレゼンテーションは、事前制作や各専攻の実技試験において制作した作品について第三者に説明する事です。作品の魅力を自分自身で客観的に分析し、ポイントを絞って伝えていく力を養います。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 私大デザインコース ] 作品例をもっと見る年間スケジュール拡大して見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

ジュニア科[午前コース/午後コース]

授業風景午前コース授業時間――日曜日10:00~13:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。10時から13時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩の制作を通して美術の楽しさを体感できるカリキュラムです。「絵を描くのが好き」「自由な発想を伸ばしたい」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。午後コース授業時間――日曜日14:00~17:00小学5年、6年生対象のコースです。授業時間は集中しやすい 3 時間。14時から17時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩の制作を通して美術の楽しさを体感できるカリキュラムです。「絵を描くのが好き」「自由な発想を伸ばしたい」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後を選択してお申し込みください。ジュニア科 午前コース/午後コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る【御茶の水美術学院】ジュニア科へのお問い合わせはこちら【OCHABI artgym】キッズクラスがオープンしました。artgymキッズクラス(小学校1年生〜6年生)が開講中です。※OCHABIのartgymキッズクラスは、ただ「描く」だけではありません。「きづく」「えがく」「つたえあう」の3軸から構成されたArtプログラムにより、アートに触れながら「思考力」「判断力」「表現力」を伸ばすことを目的としています。※artgymとは、OCHABIが運営する一般向けのアートスクールです。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。「OCHABI artgym」TEL : 03-3293-8800【OCHABI artgym】キッズクラス「オンライン授業」がオープンします。アートの力を身につけて学ぶキッズクラスオンライン、始まります。artgym※キッズ向けのオンライン授業(対象:小学1年〜6年)が10月よりスタートします。今、こども達に身に付けてほしい能力として「判断力・表現力・考える力」が求められています。これは、すべての教科、STEAM教育(Science/Technology/Engineering/Art/Mathematics)に必要とされている能力です。OCHABIのオンラインキッズクラスでは、絵を描くことを通して自由に発想したり、物事や問題を様々な角度から観察し探求していくことで、それらの力を高めていくプログラムをご用意しています。※artgymとは、OCHABIが運営する一般向けのアートスクールです。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。クリックすると「OCHABI artgym」サイトへ接続します。「OCHABI artgym」TEL : 03-3293-8800受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[基礎 午前コース/基礎 午後コース/基礎 土曜夜間コース]

基礎 午前コース授業時間――日曜日10:00~13:00授業時間は集中しやすい 3 時間。日曜日の10時から13時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力を身につけるカリキュラムです。「学習塾や部活などの両立をしている」「教育学部系の大学受験を検討している」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後、夜間を選択してお申し込みください。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。基礎 午後コース授業時間――日曜日14:00~17:00授業時間は集中しやすい 3 時間。日曜日の14時から17時までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力を身につけるカリキュラムです。「学習塾や部活などの両立をしている」「教育学部系の大学受験を検討している」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後、夜間を選択してお申し込みください。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。《2021新設》基礎 土曜夜間コース授業時間土曜日17:30~20:30――授業時間は集中しやすい 3 時間。土曜日の17時30分から20時30分までの時間設定なので気軽に通えます。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力を身につけるカリキュラムです。「学習塾や部活などの両立をしている」「教育学部系の大学受験を検討している」「進路検討したい」など、ご自身のスケジュールに合わせて、午前、午後、夜間を選択してお申し込みください。強化コースや受験対策コースへのステップアップも可能です。基礎 午前コース/基礎 午後コース/基礎 土曜夜間コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[強化コース]

強化コース授業時間――日曜日10:00~17:00強化コースの授業時間は6時間。1日1作品の制作を基本としています。構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力と応用力を身につけるカリキュラムです。「中学1・2年生で都立総合芸術高校をはじめとする美術系高校受験を控えている」「高校受験はせずに大学受験を考えている」など、将来に向けて実技試験の準備をしていきます。基礎コースからのステップアップも可能です。強化コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

中学生科[受験対策コース]

受験対策コース授業時間――日曜日10:00~17:00受験対策コースは、都立総合芸術高校などの美術系高校を受験する方に最適のコースです。楽しみながらしっかり学べ、実際の実技試験時間を考慮し、講評と合わせた 6 時間という設定です。1学期は構図・質感・色彩など、デッサンや着彩を描くために必要な基礎力と応用力を身につけるカリキュラム、2学期以降は志望校の入試実技課題を想定したカリキュラムです。また、一般入試はもちろん、推薦入試にも対応します。ご自身の志望校に合わせた課題を選択できますので密度の濃い準備ができます。基礎コース、強化コースからのステップアップも可能です。受験対策コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフを丁寧にじっくり観察する事から始まります。そうすると形や光と陰影の特徴など、新たな魅力に気付くことがあります。そんなわくわくする様な発見を、鉛筆や木炭でのびのびと描いていく事が大切です。色彩表現デッサンの大事な事に加え、モチーフの中からいろいろな色を見つけていきましょう。『りんごは赤い』と単純化せず、良く観察すると些細な緑や黄などが見つかります。モチーフにはそれぞれ多くの色があり、光と共に影響しあって面白い色に変化していきます。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 中学生科 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費

高1・2[週1 日曜コース]

週1 日曜コース授業時間――日曜日10:00~17:00日曜日6時間のコースです。試しに始めてみたい方、高校との両立で予備校に通う時間に限りがある方、部活動で忙しい方、美術系大学の進学が明確でないが絵を描いてみたい方など、週1回土曜または日曜のコースは、それぞれの目的に合わせて負担なく受講できるコースです。遠方で普段通えない方にもお勧めします。状況に応じて、週2コース(土日)や週3コース(水木金)、週5ハイレベルコース(月-金)へのステップアップも可能です。週1 日曜コースで学ぶことデッサンデッサンはモチーフ(石膏像や静物等)の丁寧な観察が大切です。モチーフから受ける強い印象や基本の形態、光と陰影・形の微妙な変化、些細ながらも独自の特徴。これらを的確に見抜く目を育てましょう。木炭で形や構図の基礎を養い、経験とともに鉛筆デッサンに移行していきます。色彩表現出題条件を踏まえたうえで画面内に文字やモチーフを構成する色彩構成やイメージ表現、水彩絵具や油絵具を使ったモチーフ着彩や静物着彩など、色を使った表現は多彩です。丁寧な観察を心がけ、基礎力を養います。立体表現紙や粘土などの素材による立体表現や塑造など、入試で立体課題が出題される科は多数あります。また、立体表現を経験することにより、デッサンや色彩表現の際の観察にも深みが増します。週間スケジュール拡大して見る作品例[ 高1・2 ] 作品例をもっと見る受験相談・個別面談講習スケジュール学費