MENU CLOSE
  1. HOME
  2. カテゴリー: 中学生・高校生・高卒生

カテゴリー: 中学生・高校生・高卒生

高卒生

志望校別の学びで、無駄のない受験対策を1日1日を大切にして、長い時間の中で集中力を切らさず、制作を続けられる環境が重要です。入試の準備をしっかりさせるには、課題に対して与えられた時間をフルに使い、取り組み、そこから得られたもの を次の課題に活かす、この繰り返しです。私たちは、そういったことに対して、個々にサポートを行い、一緒に志望校合格を目指します。コースの紹介各科専攻によって学ぶべき内容に違いがあります。ここでは、各科ごとの学ぶ内容について、簡単に解説をしています。

高校3年生

志望校別の学びで、無駄のない受験対策を芸大・美大受験は科・専攻により試験内容が異なり、要求される内容、レベルが様々で、しっかりとした志望専攻を決めた上での実技対策が重要です。どんな出題でどんな傾向が有るのかといった情報の収集や、自分の将来、やりたいこと、大学で学べる内容などもしっかりと把握し、高い目標を持って試験に挑む姿勢が大切です。コースの紹介各科専攻によって学ぶべき内容に違いがあります。ここでは、各科ごとの学ぶ内容について、簡単に解説をしています。

高校1・2年生

初めての人はここから基礎の習得と制作の習慣化の入り口として基礎科入学のほとんどの人が初心者です。受験する科や、やりたいことが明快でなくても、「描いてみたい」という気持ちを持って通い出す人も多いです。ほとんどの人が週1日~3日のペースで開始し、学習時間を段階的にステップアップさせ、制作の習慣化を少しずつ高めていきます。芸大・美大の難関校は、実技レベルが高く、高校 3 年生は、日々の実技制作を必要としていますが、高校1・2年生は、その前段階なので、自分にあった学びのペースを選択することができます。予備校と高校との両立を考える上でも、無理のないスタートが重要です。コースの紹介各科専攻によって学ぶべき内容に違いがあります。ここでは、各科ごとの学ぶ内容について、簡単に解説をしています。

中学生

美術への興味・関心を育てよう。創造性は将来の力となります。何となく好き、やってみたい、ちょっと興味がある、など小さな関心からスタートする人から、美術系高校を目標に受験対策をする人まで、多くの方が色々な目的で通う科です。授業で行なう「観察して、描く」ということは、創造性の第一歩です。ちょっとした形や色の違いを発見し、それを紙の上に試行錯誤しながら再現してみる。絵の完成には集中力が必要です。この学びは、字を書く、勉強をするという状況とは違った目と頭、そして手の使い方を行なうもので、他では感じ取ることができないものです。コースの紹介各科専攻によって学ぶべき内容に違いがあります。ここでは、各科ごとの学ぶ内容について、簡単に解説をしています。