MENU CLOSE
  1. HOME
  2. 月別: 2020年10月

月別: 2020年10月

abo_int_det_vis_img_196

2020 東京藝術大学 デザイン科 合格者インタビュー4

高橋さんの単品デッサン高橋さんの石膏デッサン高橋さんの色彩構成今年度、東京藝術大学 デザイン科に合格された高橋絵さんのインタビューです。インタビュアー受験し合格した大学と専攻をすべて教えてください。高橋さん東京藝術大学 デザイン科多摩美術大学 グラフィックデザイン学科以上です。高橋さんの単品デッサンインタビュアー御茶美とその他の予備校での違いはありましたか?高橋さんまずは生徒、先生方の多さです。多種多様な周りの生徒たちからは、普段の制作から刺激を貰えて、制作中に盗み見するだけでも学べる事が沢山あります。先生方も人数が多いため、偏った考え方にならず、様々な視点の講評を受ける事ができます。また、設備も優れていると思います。天井が高く、さらにくもりガラスを想定した入直の石膏デッサン部屋では、試験本番さながらの環境で制作出来ていました。インタビュアー受験生活の中でどのような事を意識していましたか?高橋さん授業になるべく出席する事です。制作した作品が多いほど成長につながるという点だけではありません。入試直前の張り詰めた時期などは特に、毎日少しでも友達や先生とコミュニケーションをとるだけで精神的にも安定する事ができたと思います。また、1度指導された事、反省した事を繰り返さない事です。極論、これを完璧に出来れば成長に苦労しません。さすがに難しい事ですが、制作前に講評ノートを復習するなど常に意識していました。インタビュアーあなたにとっての浪人生活はどのようなものでしたか?高橋さん評価が安定せずに辛い時もあったけれど、周りの生徒達と切磋琢磨できる時間は楽しく、予備校を休みたいと思う日はありませんでした。そんな毎日新しい作品を作り続ける環境では失敗して落ち込んでいられる暇は無く、すぐに次の課題があるので、自分の調子や傾向を常に客観的に考える力がついたと思います。インタビュアー学科対策はどんな方法でやっていましたか?高橋さんセンターの3教科目は数学1Aを選びました。夏期講習くらいから、毎日授業後におちゃびの1階の自習室や地元の図書館などで自習しました。11月までは数学と英語の文法や単語など基礎的なものを、それ以降はセンターの過去問や予想問題集を解きながら古漢の知識も詰め込むという感じでした。数学は年によって問題の傾向が変わりやすいので、知識で解ける教科を選択すれば良かったと後悔しています。多摩美の小論文はセンターが終わってからおちゃびの学科授業を受けました。過去問もセンターが終わってから2年分解きました。インタビュアー日頃の実技制作中に気を付けていたことはありますか?高橋さん≪石膏デッサン≫ただの形合わせ、明暗合わせになってしまっては限界があるし、つまらないと思っていました。像の印象や立体の観察から、どんな雰囲気の絵にしたいのか考えて、どのように鉛を乗せれば表現できるのか、毎回探りながら描く事を意識しました。高橋さんの石膏デッサン≪色彩構成≫明度計画や、モチーフ同士の関わり方、課題への答え方で、強い画面作りを意識しました。強さを意識しすぎるあまり、モチーフらしさを損なってしまう事があったので、強さとモチーフらしさのバランスにも気をつけました。高橋さんの色彩構成≪立体≫毎回周りの作品の傾向を考え、どんな立体が並ぶのかを予想してみて、その中で目立って見えるようなコンセプト、形体にする事を意識しました。インタビュアー試験を終えたときに手ごたえはありましたか?高橋さん一次はありました。二次はそれぞれ終わってすぐに直したい点を一箇所ずつ見つけてしまい、そこがどう評価されるか不安でした。インタビュアー受験時代に成長出来たきっかけを聞かせてください。入試直前期で平面が連続して上手くいかない時がありました。面談で富島先生から「平面的に描かずにオモロい空間を描きなさい。」と言われました。自分が得意である空間的な構成ではなく、平面的に並べた構成ばかりしていたんです。自分では分析していたつもりが簡単な事にさえ気付けない時もあります。講師の先生方に自分とは違う視点から意見をもらう事はとても大切です。インタビュアー試験本番で成功できた要因は何ですか?高橋さん他の予備校の模試も受けに行った経験や、予想外の事が起こり得ると心得ていたことで、常に冷静にいられた事だと思います。インタビュアー受験時代のつらいエピソードを聞かせてください。高橋さん毎課題ごとの評価に執着してしまうタイプだったので、連続して良い作品が作れない時は辛かったです。インタビュアー実技上達の為に実践していた事はありますか?高橋さん観察が大事なのはもちろん、アウトプットの手法も大事だと思い、デッサンは特に参考作品を見に行って鉛筆の扱い方を真似したりしていました。平面は描写練習を家でやったり、Pinterestで好きな色の組み合わせや、明度計画のパターンなどを探しました。また毎回制作中に指導された事と感じた事、全体講評、個別講評で言われた事、考察をノートにまとめ、復習をしやすくしていました。インタビュアー大学生活では何をしたいですか?高橋さんグラフィックデザインに興味があります。どんな事にも貪欲に学んで行きたいです。高橋さんありがとうございました。超高精細ギャラリーはこちら東京藝術大学 デザイン科 合格者インタビュー■20202020 合格者インタビュー12020 合格者インタビュー22020 合格者インタビュー3■20192019 合格者インタビュー12019 合格者インタビュー22019 合格者インタビュー32019 合格者インタビュー42019 合格者インタビュー5■20182018 合格者インタビュー12018 合格者インタビュー22018 合格者インタビュー32018 合格者インタビュー4■20172017 合格者インタビュー12017 合格者インタビュー22017 合格者インタビュー32017 合格者インタビュー42017 合格者インタビュー52017 合格者インタビュー62017 合格者インタビュー7DATA2020年度 芸大デザインコース合格実績東京藝術大学 デザイン科 28名合格≪定員45名≫(現役2名)☆合格者数14年連続全国1位☆☆14年間で393名合格☆コースを探す

abo_int_det_vis_img_193

2020 都立総合芸術高校 合格者インタビュー10

2020_都立総合芸術高校合格者_青山さんの入試再現作品_静物着彩今年度、都立総合芸術高校に推薦入試で合格した青山相陸さん《美術科油彩画専攻》のインタビューです。インタビュアー都立総合芸術高校合格おめでとう!!受験生活で意識していたことは何ですか?青山さん早寝などの生活習慣です。インタビュアー学科対策の内容を具体的に教えてもらえますか?青山さん過去問のみ繰り返しました。インタビュアー日ごろの実技制作で気を付けていたことを教えてください。青山さん描く日によって出る癖があるので、そうならないようにできる限り忠実に描くようにしました。インタビュアー受験時代のつらかったエピソードを教えてください。青山さん細かい絵や忠実(写実的)な絵が好きではなかったので、そういう絵を受験のために描かなければいけなかったことがしんどかったです。青山さんの入試再現作品_静物着彩インタビュアー総合芸術高校でしたいことは何ですか?青山さん自分が何をどのように表現したいのかを追求したいです。インタビュアーおちゃびで対策してきてよかったことは何ですか?青山さん総芸へ合格する最短ルートを進めたことです。インタビュアー総合芸術高校をこれから受ける人たちへ、一言お願いします!青山さん当日、試験会場までの道がわからないときは、タクシーに乗っちゃいましょう。本日はインタビューにご協力頂き有難うございました。そして本当におめでとう!総合芸術高校での活躍を期待しています!超高精細ギャラリーはこちら都立総合芸術高校 合格者インタビュー■20202020 合格者インタビュー012020 合格者インタビュー022020 合格者インタビュー032020 合格者インタビュー042020 合格者インタビュー052020 合格者インタビュー062020 合格者インタビュー072020 合格者インタビュー082020 合格者インタビュー09■20192019 合格者インタビュー12019 合格者インタビュー22019 合格者インタビュー3■20182018 合格者インタビュー12018 合格者インタビュー22018 合格者インタビュー3DATA2020年 合格実績都立総合芸術高校 17名合格コースを探す

abo_int_det_vis_img_194

2020 女子美術大学付属高校 合格者インタビュー

2020_女子美術大学付属高校合格者_山田さんの静物着彩今年度、女子美術大学付属高校に一般入試で合格した山田ちひろさんのインタビューです。インタビュアー女子美術大学付属高校合格おめでとう!!受験生活で意識していたことは何ですか?山田さん体調を整える!!絵の練習をする!!インタビュアー学科対策の内容を具体的に教えてもらえますか?山田さん過去問を何度も繰り返しやりました。インタビュアー日ごろの実技制作で気を付けていたことを教えてください。山田さん楕円は丁寧にしっかりと合わせる!定期的に離れて見る!上を空けすぎない!!インタビュアー受験時代のつらかったエピソードを教えてください。山田さん他の学生との実力差があり、気分が沈んでいました。山田さんの静物着彩インタビュアー女子美術大学付属高校でしたいことは何ですか?山田さんアニメーション部でショートPVみたいなものを作りたいです。インタビュアーおちゃびで対策してきてよかったことは何ですか?山田さん2時間で描けるように何度も練習したことです。インタビュアー女子美術大学付属高校をこれから受ける人たちへ、一言お願いします!山田さん推薦は内申点で32あれば入試相談できるけど、34くらいあった方が良いです。32あっても一般入試へまわされてしまうので...。本日はインタビューにご協力頂き有難うございました。そして本当におめでとう!女子美術大学付属高校での活躍を期待しています!超高精細ギャラリーはこちら都立総合芸術高校 合格者インタビュー■20202020 合格者インタビュー012020 合格者インタビュー022020 合格者インタビュー032020 合格者インタビュー042020 合格者インタビュー052020 合格者インタビュー062020 合格者インタビュー072020 合格者インタビュー082020 合格者インタビュー092020 合格者インタビュー10■20192019 合格者インタビュー12019 合格者インタビュー22019 合格者インタビュー3■20182018 合格者インタビュー12018 合格者インタビュー22018 合格者インタビュー3DATA2020年 合格実績都立総合芸術高校 17名合格コースを探す

abo_int_det_vis_img_192

2020 都立総合芸術高校 合格者インタビュー09

2020_都立総合芸術高校合格者_大久保さんの入試再現作品_静物デッサン今年度、都立総合芸術高校に推薦入試で合格した大久保舞さん《美術科デザイン専攻》のインタビューです。インタビュアー都立総合芸術高校合格おめでとう!!受験生活で意識していたことは何ですか?大久保さん勉強時間のキープと、漫画を読まないようにしていたことです。インタビュアー学科対策の内容を具体的に教えてもらえますか?大久保さん塾の授業と、学校後の自習です。インタビュアー日ごろの実技制作で気を付けていたことを教えてください。大久保さん「遠目の印象」と「時間配分」です。インタビュアー受験時代のつらかったエピソードを教えてください。大久保さん椅子に座りすぎて、背中と腰がよく痛くなっていたことです。大久保さんの入試再現作品_静物デッサンインタビュアー総合芸術高校でしたいことは何ですか?大久保さん特に決まっていませんが、すべての物事を全力でやりたいです。インタビュアーおちゃびで対策してきてよかったことは何ですか?大久保さんいつも本番を想定した課題をやっていたので、本番でモチーフを見たときに、びっくりしなかったことです。インタビュアー総合芸術高校をこれから受ける人たちへ、一言お願いします!大久保さん運動部に入っていましたが、1年くらい絵を描いていたら合格することができました。運動部でもチャンスがあると思うので、頑張ってください。本日はインタビューにご協力頂き有難うございました。そして本当におめでとう!総合芸術高校での活躍を期待しています!超高精細ギャラリーはこちら都立総合芸術高校 合格者インタビュー■20202020 合格者インタビュー012020 合格者インタビュー022020 合格者インタビュー032020 合格者インタビュー042020 合格者インタビュー052020 合格者インタビュー062020 合格者インタビュー072020 合格者インタビュー082020 合格者インタビュー10■20192019 合格者インタビュー12019 合格者インタビュー22019 合格者インタビュー3■20182018 合格者インタビュー12018 合格者インタビュー22018 合格者インタビュー3DATA2020年 合格実績都立総合芸術高校 17名合格コースを探す