MENU CLOSE
  1. HOME
  2. 月別: 2019年4月

月別: 2019年4月

new_det_img_390

【講習受講者向け】宿泊施設(学生寮)のお知らせ

【講習受講者向け】宿泊施設(学生寮)のお知らせ学生会館は一般のアパート・マンションと違って、管理人常駐で安全管理が行きとどいているので勧誘や訪問販売などの心配はありません。家電・家具付きや、毎日食事を出してくれる学生会館もあるので、ひとり住まいとは違った安心な暮らしがあります。※入寮に際し、定員等により遠方の寮が紹介される場合がございます。寮とOCHABIまでの通学時間は必ずご確認ください。お早めの申込をおすすめします。-学生寮 共立メンテナンス-■料金:1日¥3,500(税抜)☆特別料金での料金設定となっております。■朝夕2食付き日・祝・冬期6日間(12月29日~1月3日)・第5土曜日は除く(株)共立メンテナンス〒101-8621東京都千代田区外神田2-18-8TEL 0120-88-1030受付時間 9:00ー17:30(土日・祝日受付休み)共立メンテナンス-学生寮 東仁学生会館-■宿泊料金についてはお問い合わせください。■朝夕2食付き日・祝・冬期5日間は除く東仁学生会館事務局〒202-0014東京都西東京市富士町2-10-17 東伏見ビルTEL 0120-88-5575TEL 042-469-5666東仁学生会館 講習・模試・無料体験について

abo_int_det_vis_img_85

2019 東京藝術大学 デザイン科 合格者インタビュー2

齋藤さんの色彩構成齋藤さんの色彩構成齋藤さんの立体構成今年度、東京藝術大学 デザイン科に合格された齋藤千智さんのインタビューです。インタビュアー受験し合格した大学と専攻をすべて教えてください。齋藤さん東京藝術大学 デザイン科武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科以上です。齋藤さんの色彩構成インタビュアー御茶美とその他の予備校での違いはありましたか?齋藤さん生徒数が多いことで本番に近い状況下で、作品だけでなくメンタル面でも自分なりに必要な準備ができました。先生の人数も多く、一つの作品に対して様々な観点から評価してもらえるので、すごく勉強になりました。また、全国からいろいろな受験生が集まっているので刺激し合いながら切磋琢磨していけたと思います。インタビュアー受験生活の中でどのような事を意識していましたか?齋藤さん純粋に捉えることを意識していました。モチーフの観察もテーマからの発想も、難しく考えるより純粋に自分が良いな、素敵だな、と思えるような事を見つけて表現するようにしていました。また、自分が出来ることと出来ないこと、良さや強みを調べることも意識していました。課題への答え方として自分勝手になっていないかも確認しつつ、自分だからできる事をやろうと心がけていました。インタビュアーあなたにとっての浪人生活はどのようなものでしたか?齋藤さん楽しかったです。辛い事もたくさんありましたが、その分だけ自分とじっくり向き合う事ができたし、出来ないことや失敗が次の成功へとつながるとても大事な経験になる事を実感しました。私にとって浪人生活は新しい発見や得るものの多い毎日でした。それが楽しいと感じた1番の理由だと思います。インタビュアー学科対策はどんな方法でやっていましたか?齋藤さん一年間の計画をまず立てて、総合点を上げられるように無理のない範囲で、コツコツ毎日のノルマを達成する方法でやっていました。一浪までは無理な計画を立てて結局できず、成績も良くなかったですが、最後の二浪では、苦手科目に重心を置きつつ得意科目も成績を伸ばすようにしました。インタビュアー日頃の実技制作中に気を付けていたことはありますか?齋藤さん≪デッサン≫石膏デッサン選択でした。特に意識したのは俯瞰して全体を捉えることです。形を追い始めるとひたすらその事に集中してしまうので、その場にどんな立体がどう置かれていて、どんな光があたっているのかというような引いた視点を持つようにしていました。≪色彩構成≫苦手意識もあったので表現技法を見せるというより、自分が描けるもの、描きたいものを強く見せる画面を作ろうと心がけていました。≪立体≫自分の得意な形にどう落とし込むかをよく考えていました。自分がかっこいい、素敵だと思えるような立体でありつつも、それが課題の中で他者にどう見られるかを予想して折り合いをつけながら作っていました。齋藤さんの立体構成インタビュアー試験を終えたときに手ごたえはありましたか?齋藤さん手応えはありました。人より緊張するタイプだったのでいつも通りにはできなかった部分もありましたが、その緊張の中で自分ができることは精一杯やりきって終えられたと思いました。インタビュアー試験本番で成功できた要因は何ですか?齋藤さん普段の課題を本番のように取り組んだことが1番大きいと思います。常に自分自身で判断を繰り返し決定をする癖をつけていたのが、本番の冷静な判断に繋がったと思います。インタビュアー受験時代に成長出来たきっかけを聞かせてください。齋藤さん二浪の春、"研究データを集めるように取り組んでほしい"という先生の言葉で、受験そのものの捉え方が大きく変わりました。毎回の評価に一喜一憂するのではなく、自分なりの狙いを持って作り、評価や結果を次にどう活かしていくかの材料にしたり、他の人の作品を分析したりする事に力を注ぐようになりました。そのおかげでメンタル的にも安定したし、受験作品でも楽しんでつくれるようになり、成長できたのだと思います。齋藤さんの色彩構成インタビュアー受験時代のつらいエピソードを聞かせてください。齋藤さん現役、一浪と続いて一次試験で落ちたことが一番辛かったです。自信を全て無くしたし、泣きっぱなしの毎日でした。でももう一度勉強し直す決心もついたし、その時周りの人達が支えてくれた事が、最後までやりきる原動力にもなりました。インタビュアー実技上達の為に実践していた事はありますか?齋藤さん毎回の課題を全力で取り組むようにしていました。できるだけ授業外では休むようにしていたので、普段の授業の中で絶対に何か一つ前回より上達するとか、新しい発見をするように決めていました。インタビュアー大学生活では何をしたいですか?齋藤さん自分の将来の目標に向かってひたすら学び続けたいです。齋藤さんありがとうございました。超高精細ギャラリーはこちら東京藝術大学 デザイン科 合格者インタビュー2019 合格者インタビュー12019 合格者インタビュー32019 合格者インタビュー42019 合格者インタビュー52018 合格者インタビュー12018 合格者インタビュー22018 合格者インタビュー32018 合格者インタビュー42017 合格者インタビュー12017 合格者インタビュー22017 合格者インタビュー32017 合格者インタビュー42017 合格者インタビュー52017 合格者インタビュー62017 合格者インタビュー7DATA2019年度 芸大デザインコース合格実績東京藝術大学 デザイン科 30名合格≪定員45名≫(現役6名)☆合格者数13年連続全国1位☆☆13年間で365名合格☆コースを探す

gal_10_det_img_0090

筑波大学 芸術専門学群 構成専攻 合格者作品 2017年度 推薦入試再現【鉛筆デッサン】02

筑波大学 芸術専門学群 構成専攻 合格者作品 2017年度 推薦入試再現【実技検査科目 構成1】02 -現役合格者-[問題]与えられたモチーフ(タオル、CD-R)に加えて、石こう製の直方体を1個想定し、与えられた解答用紙(B4サイズ)に鉛筆で描きなさい。[条件]1.モチーフのタオルとCD-Rは、卓上に自由に構成する。2.想定する直方体のサイズは自由とする。3.それぞれの形の一部が重なっても画面から切れてもよい。4.解答用紙は横に使用すること。[注意]解答用紙の右上に鉛筆で受験番号を記入しなさい。[制作時間]2時間画像をクリックすると以下の大きさで見ることが出来ます。拡大してみる一覧に戻る